人気ブログランキング |

ぎゃらりぃ 日月

タグ:碗 ( 10 ) タグの人気記事

初めての香茸料理~! (個展の器に盛りつけ)

お隣さんに頂いた香茸、少々入念に下処理をしました。
以前、他所で食したときえぐみが強かったので不安だったからです。

d0138203_7474950.jpg
                  5分ほど湯がき、冷水に通しました。
                  かなり不気味ですね。


d0138203_7482589.jpg
                  初回の今日はお刺身と炊き込みご飯に挑戦。
                  画像向かって左はお刺身用、右は炊き込みご飯用です。
                  きのこは包丁を使うと旨味が減少するので手で裂きました。


d0138203_7494185.jpg
                  お刺身はイラボ紅化粧深鉢に盛りつけてみました。
                  ワサビ醤油で頂きます。
                  うつわの色は実物と違いますし、しかも手ぶれ画像ですー。


d0138203_7501715.jpg
                  炊き込みご飯を粉引飯碗と窯変銀化飯碗に盛りつけました。
                  この窯変銀化飯碗かなり優れものです。
                  画像はイマイチ分かりにくいのですが、見た目も持ったときの重さと手触りも抜群です。


うつわですが、3点ともまだうつわ展にupされておりません。
少々事情があり画像upが遅れております。
申し訳ありませんが今しばらくこのような状態が続きそうです。

初めての香茸料理はちょっと下処理をし過ぎたって感じかな~。
不味くはなかったのですが、残念ながらせっかくの香りと食感が飛んでいました。
でもまだまだたくさんありますから色々と挑戦してみますねー。
by utuwa-seisyo | 2010-10-18 07:51 | 器と料理 | Comments(0)

ちょっぴり、お気に入りの画像。。。

d0138203_74257.jpg



昨日「正祥窯うつわ展」に掲載した、新作の紫窯変カット汲出しです。

実物とは色が違う画像になってしまいましたが、気に入っているのでこちらにUPしてみました。

もう少しやんわりとしていたら、もっと良かったかもしれません。

出来ればこの雰囲気で画像をUPしていきたいのですが、食器ですからね、考えものです。

ちゃんと器自体の色や形が伝わり、かつ自分のイメージに近い写真が撮れるのはいつになることやら・・・
by utuwa-seisyo | 2009-10-22 07:12 | 未分類 | Comments(2)

ふだん使っているお気に入りの器・・・貝紋焼〆サラダボウル

d0138203_771468.jpg
d0138203_773266.jpg
                                <φ12.5cm h6.5cm>

サラダボウル以外にもお鍋の取り鉢、小どんぶり、スープ等々、これもまたとても重宝な器です。
天つゆなどを入れたひには、貝紋がキラキラ光ってその美しさにしばし見とれてしまうほど・・・(少し大袈裟?)
ちょっとお坊さんが持つ托鉢みたいな形ですが、側面のカーブはあくまでもやさしく、口辺はキリッとしています。
手で触るとスベスベで気持ちよく、いつまでも撫でていたくなる感じ。
しいて難点を言えば、少々重いことでしょうか・・・
by utuwa-seisyo | 2009-03-09 07:21 | 正祥もの | Comments(2)

ふだん使っているお気に入りの器・・・紅釉梅華皮(かいらぎ)湯飲み茶碗

d0138203_6582623.jpg
d0138203_6584043.jpg


このお湯のみはおもにほうじ茶を飲むときに愛用しています。
どこがお気に入りかと言いますと、まず形ですね。
この形になると両手でつつみこむようにして飲むパターンになります。
こぶ茶やしょうが湯など身も心もホッとするような、
肩の力がスッと抜ける飲みものととても相性がいいのです。
あと色合いも好きですね。
ですが側面の白子みたいなところ、よく見ると少し不気味かも・・・
これも年季が入っています。
by utuwa-seisyo | 2009-03-04 07:06 | 正祥もの | Comments(2)

正祥もの変遷 vol.13 (独立5年前後のもの・・・焼〆)

d0138203_72657.jpg
                              <そば猪口 φ9.5cm×h6.5cm>

食器棚の奥にしまいこまれる以前はよく使っていたそば猪口。
表面は滑らかになり、中はつや光して、いい味が出ています。


d0138203_773516.jpg
                              <湯のみ φ7cm×h9cm>

そば猪口とは土が異なり、石も入っていません。
ザラッとした感じの太い線は、薄っすらと釉をひいています。
この湯のみはお客様がいらした時に使った程度で、ほとんど使っていません。
ですからなんとなくよそゆきの顔をしたままです。
by utuwa-seisyo | 2009-02-19 07:17 | 正祥もの | Comments(0)

クリスマス、お正月にこんな器はいかがでしょうか?!   (vol.6)

d0138203_7281375.jpg
                 焼〆金彩切立鉢 15cm×4cm

金彩は今回が最後です。
普段使いに金は少し抵抗がありますが、
ハレの日には華やかでいいものです。
この器、おせち料理ならなんでも合うと思います。
クリスマスには生ハムやサーモンを盛り付けたらきれいでしょうね。

窯変金彩切立角皿紫窯変輪花皿白磁5寸鉢


d0138203_736688.jpg
d0138203_7362111.jpg
d0138203_736357.jpg
                       焼〆金彩蓋付き碗 本体 10cm×5.5cm、蓋 9.4cm×3.3cm

ふたものには、蓋を開ける瞬間の楽しみがありますね。
いろいろありますが、
器ごと冷やしてちょっとサプライズなデザートを盛り付けてみても・・・

おまけ
by utuwa-seisyo | 2008-12-05 07:54 | 正祥もの | Comments(4)

お気に入りMyご飯茶碗

d0138203_16561816.jpg

                 7年程前に少しだけ手がけたろくろ。
                 その時につくったご飯茶碗です。
                 テーブルに置いた瞬間、
                 鈍い音がするようになりました。
                 割れてしまう前の記念の一枚です。

飯碗、箸置・・・自作
煤竹箸・・・ 作
       ↑ をクリックして頂ければ、お箸作りの工程がご覧になれます。
by utuwa-seisyo | 2008-08-22 17:06 | 自作 | Comments(4)

新作第7弾・・・紫窯変3点

             紫窯変三角鉢   17cm×14cm×h6cm    
d0138203_7203461.jpg


             紫窯変茶漬碗   φ13.5cm×h8.5cm     
d0138203_7231687.jpg


             紫窯変汲出し   φ9cm×h5.5cm        
d0138203_7252218.jpg


以前コメントにも書き込みましたが、この紫窯変の写真撮りは本当に難しいです。
もちろん私の腕が悪いという大前提はありますが・・・。
実物のほうが断然美しいです。もう、手にとって見ていただきたい。
秋(10/11~13)に信楽セラミック・アート・マーケットがありますので、もしご都合がよろしければぜひ見にいらして下さい。
詳細はいずれ掲載いたします。
by utuwa-seisyo | 2008-07-30 07:33 | 正祥もの | Comments(4)

新作第二弾・・・粉引二点

前回(7/18)に引き続き、粉引の紹介です。

            粉引飯碗   φ10.5cm×h6.5cm          
d0138203_2255948.jpg


            粉引汲みだし   φ9cm×h5.5cm         
d0138203_229418.jpg

by utuwa-seisyo | 2008-07-19 22:17 | 正祥もの | Comments(0)

新作のご飯茶碗です!    (口径11cm、高さ6.5cm)

d0138203_953678.jpg
d0138203_9532538.jpg

こういう色を何色というのでしょうか?
銀化しているなかに青味や赤味があって、見る角度・ちょっとした光線で随分違って見えます。
う~ん、名づけるのが難しい。

このご飯茶碗は、手を自然に開いたときの手のひらのカーブに沿っているので、
とても手になじみます。
汁碗として使って頂いてもいいかもしれません。
by utuwa-seisyo | 2008-05-11 10:01 | 正祥もの | Comments(0)