人気ブログランキング |

ぎゃらりぃ 日月

タグ:モニター ( 72 ) タグの人気記事

料理と器のコラボ   <焼〆切立鉢を使って・・・mikuさんの場合 2月>

横浜でパン教室をされているmikuさんの自己紹介と抱負をご紹介いたします。

自己紹介
「昭和32年鹿児島生まれの52歳です! (年取ってます!!)
結婚して27年。24歳の娘と22歳の息子がおります。 (あ・・・旦那もひとり)
結婚前は鹿児島で栄養士をしており、25歳で横浜に参りました。
さつま焼の 沈壽官さん (先代) の作品が大好きでした。
窯元を訪問した際にお話させていただき、身体も大きく 包み込むような声やお人柄に尊敬を覚えたものでした。

子育ての最中は 専業主婦で、40歳から大手パン教室の講師を約5年。平行して自宅にパン教室を開いて13年になります。
規模は小さいので (一般公募はせず、口コミだけで続けています) おばちゃん宅でパン焼いて・ご飯食べて帰ってきた~
みたいな、ゆるーいお教室です。

うつわに興味はあったものの、若い頃は洋食器に目がいき、益子・笠間・信楽・京都(丹波)・金沢などに行き始めてから、
土ものに惹かれるようになりました。まだまだ数はありません。
作者さまとお会いしてお話しながらうつわとの出会いをたいせつに出来ればな~と思っています。」

抱負
「ままんさんやみかさん、1回目のモニターの皆さまのお写真を見せていただくと とても素敵で・・・。
自分の料理 (特にパン) を乗せたらどんな風になるのかな!?というのが 応募の動機でした。
自分なりに ”うつわ遊び”が出来れば 嬉しいです。」


いいですね。口コミだけのゆるーいパン教室。
ではmikuさんのうつわ遊び、拝見することにしましょう。
まずはパン編からです。

        クロワッサン               クロッカン          ブリオッシュ
d0138203_7212679.jpg

この器小さめですのでパンをのせること自体至難の技。
そこでmikuさんは、小さな小さなクロワッサンを作ってくださいました。
3種類それぞれの持ち味を生かしたうつわ遊び、素敵ですね。
この他にも遊んでおられますのでmikuさんのブログで楽しんでください。


次はお料理編です。

        鶏の唐揚げ              粕漬け銀たら焼             鶏ささ身の刺身
d0138203_7294587.jpg

お料理編ですが、ご飯ものからデザートまで幅広くうつわ遊びをしてくださっています。
どれもこれもmikuさんの愛が込められていて、実に美味しそうですよ。
ぜひご覧になってくださいね。

mikuさんのブログ 「PAN!DO!SEE!」 → パン編お料理編


*ブログをお持ちのモニターさんのご紹介の場合、画像は一部抜粋で小さめのアップになります。
by utuwa-seisyo | 2010-02-10 07:43 | 料理と器のコラボ<モニター> | Comments(8)

料理と器のコラボ   <焼〆切立鉢を使って・・・えらままんさんの場合 2月>

皆さんよくご存知のえらままんさんのご登場です。
ご紹介するまでもないと思いますが、ご本人よる自己紹介と抱負です。

「えらままんと申します。
はっきり言ってお料理は苦手であんまり好きではありません。
ですがとにかく器が好きで好きで、集めだして15年以上はたっています。
集めた器をなんとか生かすべく日々必死で料理を作っております。
最近は正祥窯様の器にほれ込んでいて日々愛用させていただいています。

今回、モニター企画に挑戦させていただくことになり緊張している上に何せ料理下手
(と言いますか平凡なものしか作れません)ですが、
3ヶ月間頑張りますのでよろしくお願いいたします。」


すごいですね。
料理は苦手でも器が好きだからそれを生かすべく日々精進しておられるだなんて・・・
まさしく好きこそものの上手なれ!でございます。

d0138203_10291344.jpg
ブログ記事には節分の日の食卓がアップされております。
この日のメインはサラダ巻きとネギトロ巻き。
焼〆切立鉢にはネギトロを盛り付けてくださいました。

また器そのものも大アップで紹介してくださっておりますので、ぜひご一覧を!

   えらままんさんのブログ → 「えらままんのいとしい器(しと)」


今回のえらままんさんの記事アップは、モニターの器のお披露目のようなものです。
お料理の盛り付けはあらためてアップしてくださいますので、お楽しみに!
by utuwa-seisyo | 2010-02-06 10:39 | 料理と器のコラボ<モニター> | Comments(5)

料理と器のコラボ  <銀化楕円リム鉢を使って・・・ひょうさんの場合 2月 その2>

                              <牡蠣のにんにくバター醤油>
d0138203_701343.jpg



                                <菜の花の辛子和え>
d0138203_72082.jpg



                               <ささ身と舞茸の卵とじ>
d0138203_744213.jpg



                                 <ゆず大根甘酢>
d0138203_753780.jpg



                                 <明太子豆腐>
d0138203_765970.jpg



                              <明太子豆腐の日の食卓>
d0138203_795642.jpg
                                    (肉巻きもやしの皿・・・中御門雅弘、小皿・・・イムサエム) 

私の大好きなお惣菜風お料理が軒並み~、嬉しくなってしまいます。
ゆず大根甘酢と器の組み合わせ、きれいですね。
お料理上手なひょうさんですが、
写真はカメラを買ったばかりのまったくの初心者とのことです。
「もっと修行します!」とはご本人の弁。

光の加減やカメラの角度で器の色や形も違って見えますが、
最初(昨日)のお茶の時間の画像が一番実物に近いと思います。

お料理写真って、ホント難しいですよね。
お料理をメインに撮るのであればなんとかなっても、器もちゃんと撮ろうとするとよけいに。。。
初心者でこれだけ撮れればりっぱなものだと私は思いますよ~。
by utuwa-seisyo | 2010-02-05 07:12 | 料理と器のコラボ<モニター> | Comments(4)

料理と器のコラボ  <銀化楕円リム鉢を使って・・・ひょうさんの場合 2月>

第2弾の料理と器のコラボ、トップバッターは銀化楕円リム鉢を使ってくださる<ひょうさん>です。

事前に自己紹介と抱負を伺っておりますので、ご紹介しますね。
「作家さんの器は若い頃から20年近く集めております。年齢は40代です。
荒木義隆さんや中川自然坊さん、イムサエムさん、最近は奥田章さん堂本さん、余宮隆さんなど。
以前購入していた器のお店は、誰々作をあまり表に出していなかったので(すべて作家作品)、
どなたが作られたのかわからないものも多数あります。
他は昔の伊万里の染付けたち。
すべて日常使いのものですので、特別高級なものはありません。

お料理は好きですが、本当に自己流です。
関連する仕事についたこともありません。
テーブルセッティングなどもまったく習っておりません。
こんな私でお役に立てるかどうか・・・
できるだけ頑張ります。」

なかなか趣味の良さそうなひょうさん。
最初の盛り付けは。。。

d0138203_6465563.jpg
                                器が届いたその日、
                     まずはお茶の時間に水ようかんを盛り付けしてくださいました。
                                                (刷毛目湯飲み茶碗・・・中川自然坊)


d0138203_6512832.jpg
                              翌朝はスープを入れて。。。
                                                         (粉引皿・・・佐藤修)

いいですねー、思いついたものから試してみる。これが大事なんだと思います。

それで一番最初に思い浮かんだお料理が<蕪の海老あん煮>だったとのこと。
d0138203_6545943.jpg
                                 おいしそうですね。
                          海老の色がこの器を引き立ててくれています。

                             ちなみにこの日の食卓風景は。。。
d0138203_6584643.jpg
                           いい器をお使いになっておられます。
                                           (角皿・・・中川自然坊、 鳩口の皿・・・荒木義隆)

あと5品お料理はありますが、明日に続きます。

                                                    
by utuwa-seisyo | 2010-02-04 07:03 | 料理と器のコラボ<モニター> | Comments(2)

モニター応募、ぶっちゃけ裏話!

今回のモニター応募、もう笑うしかないという結果になってしまいました。
元旦にアップしてその日にお二人のご応募がありましたので、お~これは幸先がいいではないか!とほくそ笑んでいた私。
ですが、それから一週間ピターっと誰からも応募がありません。
まあ冬休みだしこれからよね~、なんて自分に都合のいいように考えていましたが、休みがあけてもなしのつぶてです。

これはちょっと器の選択を間違えたかなぁー、やっぱりどうせならふだん使ったことのないような器にすべきだったか・・・
う~ん、このまま応募がなかったらどうしよう。
止めにするかはたまた違う器でリベンジするか、なんてアレコレ考えているうちにだんだん胃腸の具合が。。。
もともと弱いので、ちょっとしたストレスがすぐ胃にきます。ヤレヤレ。

もうなるようにしかならんよねーとあきらめムードに入ったとき、
天の助けかMikaさんとままんさんがモニター募集の記事をそれぞれのブログで紹介して下さいました。
ありがたいですね~、ホントお二人には感謝!でございます。
お二人の威力はすごく、二日間どどーっとブログを見てくださる方が増え、
これは期待できる!と楽しみになってきましたが残念ながら応募は無しでございました。

結局元旦の日に応募してくださったお二人だけ、それも同じ④番の焼〆切立鉢です。
ちょっと悩みましたが、この企画の主旨は一人でも多くの方に正祥の器の良さを実感していただくことですので、
お二人に④番の器で盛り付けしていただくことに決めました。
ですがお一人の方はすでに正祥の器を熟知していらっしゃる方ですが・・・。

ただここで問題が・・・、実はこの器一つしかないんです!
仕方ないからMikaさんのショップで買おうかな~(笑)
まあ今から作れば今月中にはなんとかなりそうですから、作者にお願いしてみました。
でも一枚だけ作るほど面倒なことはないので、ついでですからちょっと多めに作ってもらうことにしたのです。

・・・でなんなんですが、この④番の器を使ってみたいなーなんて思われる奇特な方がおられましたら声かけして下さいね。
同じ器でも使う人が違えば表情も変わりますし、一人でも多い方が愉しいですから!
今月の末日までならいつでも承ります。

と、ここまで今朝下書きし(長い文になってくると何を書いているのか自分でわからなくなってしまうので下書きします)、
仕事に取り掛かりました。
お昼休み念のためgooメールを開けてみると、な、なんと三名様のご応募が!
がぁーん、どうしましょう。朝見たときには無かったのに。。。
時間を見ると昨夜の23:25、23:58、23:59。お~、まさしく駆け込み~。
誰かがどこかで糸を引いている気配がしないでもないですがありがたいことです。

それでこれがまた三人とも同じ②番の銀化楕円リム鉢。
困りましたね~、どなたかお一人だけお断りするわけにもまいりませんし。。。
え~い、こうなったらもうやけくそだあ!三人ともOKにしちゃおう。
でもこの器も一枚しかないので、作者に作ってもらわなければなりません。

ここは数を揃えて④番にもうお一人といきたいところですが、また胃が痛くなりそうなので止めにします。
ですから前文を撤回し、
②番の銀化楕円リム鉢が三名様、
④番の焼〆切立鉢が二名様
、で決定と致します。

ご応募してくださった皆様方、ありがとうございました。
二月~四月までの三ヶ月間何卒よろしくお願い致します。
ブログをご覧になってくださっている皆様、なんだか面白くなってきましたね。
二月からの<料理と器のコラボ>、乞うご期待でございます。


                                                        「正祥窯うつわ展」・・・通販の器掲載中!
by utuwa-seisyo | 2010-01-15 17:14 | 料理と器のコラボ<モニター> | Comments(0)

モニター応募、明日が締め切りですよ~!

元旦に募集しましたモニター、お忘れになっていませんか?!
前回、駆け込み応募や締め切りすぎての応募がございましたので、
今回もそのような方があるのではないかと思い再度アップすることにしました。
それにまだ空きもございます。
もし迷っておられる方がありましたら、ぜひぜひご応募くださいね。
きっと、いい経験になりますよ!


   ①刷毛目浅鉢(φ13.0cm、h4.0cm)              ②銀化楕円リム鉢(14.0cm×13.0cm×6.0cm)
d0138203_7222561.jpg
    ③紫窯変飯碗(φ11.5cm、h6.0cm)            ④焼〆切立鉢(φ12.0cm×h4.0cm)


前回よりもふだん使いしやすいものを選んだつもりですが、いかがでしょうか?
どの器も盛り鉢としてはもちろん取り鉢(皿)代わりとしても使えますし、結構応用が効くと思います。
お好きな器、決まりました???
初めての方は前回の総集編を掲載しておりますのでご参考になさってくださいね。

月に1回(何回でも構いませんが)セレクトした器にお料理を盛り付けしていただき、その画像を送ってきてくださるだけで結構です。
今回は前回よりも器が小さめですのでモニター期間を3ヶ月(2月~4月)と致しました。

応募期間・・・1月1日(金)~1月14日(木)
        
応募先 ・・・utuwa-seisyo@mail.goo.ne.jp   (コメント欄でもOK)

*前回と同様にブログをされている方は、ブログタイトルをお書き添え下さい。

たくさんのご応募お待ちしておりますね。


                                                    「正祥窯うつわ展」・・・07新作<セレクト>の器掲載中!
by utuwa-seisyo | 2010-01-13 07:29 | 料理と器のコラボ<モニター> | Comments(0)

元旦早々モニター第2弾の募集でございます^^

あけましておめでとうございます!                                         
2010年の幕開け、このブログも3年目に突入です。
石の上にも3年といいますが、この1年を実りあるものにしたいと考えております。

・・・で、元旦から意気込みのあるところをお見せしようという訳でもないのですが、
今年はおうちでのんびりされている方も多いのではないかと、、、
まぁ暇つぶしにでも見てもらえればいいかな?!なんて思いまして^^

正祥の器も前回のモニターさんのお蔭もあって、一般の方にも少しづつ浸透してきています。
使ってくださっている皆様が一様に、使いやすくて料理映えがすると仰います。
長年愛用して下さっている方は、丈夫で汚れにくく、使えば使うほど味わい深くなると仰ってくださいます。

ということで、その良さをより多くの方に実感していただきたく今回も4点セレクトしてみました。


   ①刷毛目浅鉢(φ13.0cm、h4.0cm)              ②銀化楕円リム鉢(14.0cm×13.0cm×6.0cm)
d0138203_21372258.jpg
    ③紫窯変飯碗(φ11.5cm、h6.0cm)            ④焼〆切立鉢(φ12.0cm×h4.0cm)


前回よりもふだん使いしやすいものを選んだつもりですが、いかがでしょうか?
どの器も盛り鉢としてはもちろん取り鉢(皿)代わりとしても使えますし、結構応用が効くと思います。
お好きな器、決まりました???
初めての方は前回の総集編を掲載しておりますのでご参考になさってくださいね。

月に1回(何回でも構いませんが)セレクトした器にお料理を盛り付けしていただき、その画像を送ってきてくださるだけで結構です。
今回は前回よりも器が小さめですのでモニター期間を3ヶ月(2月~4月)と致しました。

応募期間・・・1月1日(金)~1月14日(木)
        (前回、期限を過ぎてからのご応募が若干名ありました。思ったが吉日、早めのご応募を!)

応募先 ・・・utuwa-seisyo@mail.goo.ne.jp   (コメント欄でもOK)

*前回と同様にブログをされている方は、ブログタイトルをお書き添え下さい。

たくさんのご応募お待ちしておりますね。


ご挨拶が最後になってしまい恐縮ですが、本年も何卒よろしくお願い致します。
今年は九星占いによりますと、作者共々上昇運の年回りになっております。
昨年はハプニングとアクシデントが続きましたので、本年は運を味方に付け順調であることを願って止みません。
皆様と共によき一年でありますように・・・。
by utuwa-seisyo | 2010-01-01 00:36 | 料理と器のコラボ<モニター> | Comments(8)

料理と器のコラボ <総集編・・・akaiaoさん>

      akaiaoさんのブログから画像を頂戴し、まとめたものを掲載しました。

d0138203_1081891.jpg


                                    御品書き

                       [六月] 鱧寿司 鮎青梅酢(大根の蓋物に入れて)

                       [七月] 鮎味噌田楽

                       [八月] 前菜七種盛り

                       [九月] 秋刀魚の御造り 前菜の十一種盛りもしくは口替わり

                       [十月] 御祝いの前菜

                       [十一月] 湯引き河豚、雲丹、生野菜ゼリー寄せ、とろみポン酢

                       [十二月] 酢牡蠣


                               akaiaoさんからのコメント

             「砂金七寸皿、結構悩みました。
             七寸という大きさとその味のある地味な色になかなか普段一人前ずつ出している料理で
             ジャストフィットするものが見当たらないんですね。
             一応和食の人間なので、一皿に乗るのは一つの料理。
             その定義を外れていいのは、色んな料理法のものを一つのお皿に盛ることが出来る
             前菜や口替わりくらいのものです。
             だけれども小さいものを数多く乗せるとべったりしてしまう。
             結局、明るい台になるものを置いて高さを出せば様にはなるけれども・・・
             (ちょっと待てよ。このお皿、本来そんなに大げさなものを要求してないんじゃないの?)
             が、試行錯誤しているうちに行き着いた一つの答え。
             富田さんのブログに書いてあった<煮魚用に作ってもらった・・・>ていうのを読んで、
             白飯のおにぎりでもっていうのはまんざら間違いでもなかったような気がしてきました。
             それでも一応プロの板前の肩書きで載せてもらっているので、
             あくまで会席料理の中の多様皿としての可能性にこだわってみましたが・・・。

             それにしてもまず器ありきの料理って普段なかなかしませんし、
             同じ器で違う料理に使うこともそうありません。
             一つの器にこれほど思いをはせて料理を考えることもなかなかありませんでしたので、
             そういう意味で貴重な体験をさせていただき有難うございました。

             忙しくて結局御造りやデザート系のものにはトライできませんでしたが、
             また何かひらめいた時には私のブログにUPさせていただきたいと思います。」


                          akaiaoさんのブログ・・・「乙女座の料理人


d0138203_10423345.jpgエントリー№4の器<砂金七寸皿>に盛り付けしてくださったのは、
広島で会席料理のお店をされているakaiaoさんです。
毎月、普段見ることも食べることも出来ないような日本料理を拝見できて目の保養になりました。
日本料理といえばやはり細工モノ。
ただその繊細さをこの器が取り込んでしまった感は否めません。
お料理もすばらしかったし器自体も素敵なのですが、
どうやら味のある地味な色目が日本料理の邪魔をしたもようです。
たぶん、アジアンなものやふだんのお料理の方が合うかもしれませんね。

akaiaoさん、毎月毎月手の込んだお料理を盛りつけしてくださり、ありがとうございました。
本当に大変だったと思います。ご苦労様でした。
こちらも色々と勉強になり、akaiaoさんには感謝の気持ちで一杯です。
by utuwa-seisyo | 2009-12-26 10:57 | 料理と器のコラボ<モニター> | Comments(2)

料理と器のコラボ <総集編・・・なんさん>

  <6月>枝豆と紫玉ねぎとじゃがいものサラダ、万願寺唐辛子とじゃこの炒め物、トマトのマリネ
d0138203_7412266.jpg
                                         <7月>玉ねぎの肉詰め、イカさし、茶そば、紫玉ねぎのマリネ


   <8月>とうもろこしご飯のおむすびと枝豆、豚肉と野菜の煮物、しめじと切干大根の梅肉あえ、湯でなすの山椒味噌かけ
d0138203_749884.jpg
                                            <9月>カボチャの煮物、鶏肉の塩コショウ焼き、鶏団子


   <10月>ナスと豚肉の煮物、カラーピーマンと玉ねぎのマリネ、アスパラガスのごまマヨネーズあえ
d0138203_7512227.jpg
                       <11月>ホタテとトマトのサラダ、エリンギの豚肉巻き、ちりめんじゃことお揚げと青菜のおむすび


    <12月>たこと菜の花の酢味噌、ロールキャベツ、水切りヨーグルトと金柑の蜜煮、焼き芋
d0138203_7565355.jpg



                                なんさんからのコメント

             「料理、盛り付け、写真・・・一つだけじゃなくてどれも難しいなぁと感じました。
             でも作家さんの器に自分の料理を盛り付ける経験が出来たことを感謝しています。
             ありがとうございました。」


d0138203_88533.jpgエントリー№3の器<窯変金彩木の葉皿>に盛り付けしてくださったなんさんは、小さなお子様を抱えての奮闘。
さぞかし大変だったことと察しますが、最後までやり通してくださったことに感謝しています。
いつも家族の健康を考え丁寧に食事作りをされているなんさん。
個人的には7月の茶そばと8月のおむすびが気に入ってます。
茶そばはすごく新鮮でしたし、おむすびはこの器の形を充分にいかしていると思いました。
なんさんの器使いは月を増すごとに上手になり、最後には遊び心のある盛り付けで余裕すら感じます。
少しおこがましい言い方になるかもしれませんが、なんさんの成長ぶりにこの企画をしてつくづく良かったなと思います。
なんさん、ありがとうございました。
by utuwa-seisyo | 2009-12-24 08:17 | 料理と器のコラボ<モニター> | Comments(2)

料理と器のコラボ <総集編・・・ぐらんま!さん>

         <6月>                  <7月>                 <8月>
        鯖の味噌煮                 天ぷら           ピーマンのウインナー味噌チーズ焼
                                水羊羹            ピーマン・ナス・豚バラの炒め物
d0138203_1456435.jpg
        鯵の南蛮漬け
          <9月>                 <11月>                <12月>
          ぬか漬け                 スペアリブ                切干大根
d0138203_1542885.jpg
   <10月>アボガドとトマトとクリームチーズのサラダ   <12月>ほうれん草のバター炒め、大根と豚バラの煮物


                               ぐらんま!さんからのコメント

                       「半年間ありがとうございました。
                       半年間のモニターということで少し緊張していましたが、
                       普段の料理でそのままいかさせていただきました。
                       えらままと違って器にはまるで興味がありませんでしたが、
                       素敵な器を使って盛り付ける楽しみを知りました。
                       本当にありがとうございました。」


d0138203_15221429.jpgエントリー№2の器<銀化リム鉢>に盛り付けしてくださったのは、主婦歴40年のぐらんま!さん。
みんなが大好きなお惣菜をメインに盛り付けしてくださいました。
ぐらんま!さんの盛り付けは私の発想にないものが多く、
とてもとても勉強になりました。
なるほど~、これもありだし、こういうのもありだよねーとうなずいている自分。
特に天ぷら!おもわず「お~」と声が出たくらいです。
                   それにお料理の味が伝わってくるんですよね。
                   さすが熟年主婦のお料理です。

今回のこの企画を通して、ぐらんま!さんが器や盛り付けに興味を持たれたことを私は大変嬉しく思います。
ぐらんま!さん、ありがとうございました。半年間愉しかったです。
そしてままんさん、お疲れ様でした。今後も何かとよろしくお願い致します。
by utuwa-seisyo | 2009-12-21 15:37 | 料理と器のコラボ<モニター> | Comments(2)