ぎゃらりぃ 日月

タグ:陶園 ( 2 ) タグの人気記事

ー陶 ・ 信楽ー  作家のつくったうつわ展     <GALLERY 陶園>

d0138203_145859100.jpg




d0138203_14592251.jpg






d0138203_14594768.jpg14人の作家のうつわ展。
年齢も作風もバラバラですが、ひとつだけ ”つながり” があります。
それは信楽の食堂『助六』です。

他所から陶芸を志して信楽に来た若者たち。
日中は陶器屋で働き、夜は己の作品づくり。
そんな彼らのために『助六』は、
安価で栄養のある晩ごはんをメニューとは別に提供して下さっていました。
(今もかな~?!)

作者とは年代が違いますので、顔も名前も知らない方がいます。
それでも ”同じ釜の飯を食った” つながりがあるんですよね。

今はもう陶芸をしておられない人、また信楽を出て新たな場所で作陶をしている人。
そんな人たちも含め、一体何人の若者が『助六』から巣立っていったことか・・・
感慨深いものがあります。


GALLERY 陶園                                 
AM10:00~PM6:30
<6月2日(木)休み/最終日PM4:30>

作者のうつわは コチラ にて掲載中です!

                                                             「正祥窯うつわ展」・・・新作掲載中!
[PR]
by utuwa-seisyo | 2011-06-01 15:24 | 行ってきました 見てきました | Comments(2)

藤本秀 陶展   < 陶園 >

d0138203_20223495.jpg

従来の「トタン」「クワ」シリーズに新しく加わった「ブロック」。
運よくご本人がおられたので少しだけお話を伺いました。
藤本さんは朽ち錆びたトタンや仕事場に転がっている道具に美を感じ、
最近では苔むしたブロックやその欠片にも美を感じる。。。とのこと。
また新境地として、景色ではなく素材そのままの無垢(白)な状態で表現したいとも・・・
白いブロックは電気窯で3日間焼成。
焚き窯でも試してみたらしいのですが、割れてしまったのと色的にもお気に召さなかったようです。
いづれ焚き窯の白無垢ブロックやその進化した作品を目にすることができるかもしれません。
愉しみだな~。
見る人によってはただの粘土の塊に過ぎないかもしれませんが、
粘土の一番いい状態(あくまでも私的に)が保たれたまま焼成されてるってそうそうないと思います。
会場は伝統工芸の信楽焼と造形的な作品が混在しているのですが、違和感はありませんでした。
どちらも藤本さんの力強さを感じる作品です。
なかには柔らかいものもありますし、「なんだ、これ~。」(↓)みたいなのもあります。

d0138203_20461373.jpg

これは徳利と狸です。
どちらも酔いのまわった藤本さん御本人に見えてしまいましたが・・・


会期は11月3日(水)まで。
魅力的な作品の数々、ぜひご一覧を!
[PR]
by utuwa-seisyo | 2010-10-29 20:59 | 行ってきました 見てきました | Comments(0)