ぎゃらりぃ 日月

タグ:皿 ( 63 ) タグの人気記事

クリスマス、お正月にこんな器はいかがでしょうか?!   (vol.4)

d0138203_7365666.jpg
                     焼〆金彩冷酒器セット 注器 22cm×11cm×7.5cm 盃 7.5cm×4cm

元旦の朝、金彩の酒器でお屠蘇をいただけば、めでたさもひとしおです。
三が日にしか使えないと思われるかもしれませんが、そんなことはありません。
注器の方にお刺身を盛り付け、盃にはお醤油、なんていう使い方もありますし・・・
煮浸しもいいですよね。
さすがに取り皿として盃は小さ過ぎますが、
手持ちの小皿に煮浸しを取り入れ、おいしいおつゆを少しだけ注いでいただく。
いいと思いませんか?
お花を活けて、テーブルのセンターに飾ってもいいですよね。

窯変冷酒器セット紫窯変冷酒器セットも併せてご覧下さい。


d0138203_7514637.jpg
               焼〆金彩長角皿 20.5cm×13.5cm×2.5cm

これは取り皿代わりというかワンプレートとして使われてみてはいかがでしょうか?!
ごちそうが盛り付けられている器から、より取り見取り少量づつチョイスして・・・。
結構楽しめると思います。

焼〆緋襷しのぎ長角皿紫窯変掛け分けリム長角皿も同様にお使いいただけます。
[PR]
by utuwa-seisyo | 2008-11-30 07:59 | 正祥もの | Comments(9)

クリスマス、お正月にこんな器はいかがでしょうか?!   (vol.2)

d0138203_13565124.jpg
d0138203_1357425.jpg
                灰釉大鉢 32cm×9cm

この大鉢なら山盛りの煮物も受け入れてくれます。
もちろん上品にこんもりでも構いません。
大鉢を使う機会はまれですが、
果物でも入れておけば普段でも使えますよね。


d0138203_13594191.jpg
                      灰釉しのぎ長角皿 47cm×20cm×2.5cm

お寿司やお刺身にうってつけの大皿です。
伊勢海老や蟹をまるごと・・・
盛り映えしますよ~!
カナッペやサンドイッチもいいですね。
小鉢をのせてトレイ代わりに使っても・・・

焼〆緋襷角皿焼〆光彩長皿も同様にして使えます。
[PR]
by utuwa-seisyo | 2008-11-26 14:10 | 正祥もの | Comments(2)

クリスマス、お正月にこんな器はいかがでしょうか?!   (vol.1)

d0138203_705724.jpg
                     紅彩大皿 径31cm 高さ5.5cm   紅彩取り皿 径15.5cm 高さ2.5cm


どど~んとチキン一羽丸ごとOKです。
もちろん大きな焼鯛や魚の姿造りも!

たくさん人が集まった時は量も半端じゃありません。
山ほどのフライドチキンでもいいですし、
スパゲティや混ぜ寿し、サラダやデザートもいっぱい盛り付けて。
オードブルや手巻き寿司の具材もいいですね。

写真は少しお鉢っぽく見えますが、
使いやすい浅めの大皿なので何でもOKです。

少し気取って盛り付けたい時には、
三種あるいは五種盛りにして余白を残したり、
別の器を中に入れたりしたらいいと思います。

ちょっと斜めに並べて盛り付けたり、
ぐる~と取り囲むようにしてもりつけたり、
いろいろと出来ますよね!

刷毛目大皿
刷毛目4寸皿
[PR]
by utuwa-seisyo | 2008-11-24 07:33 | 正祥もの | Comments(4)

窯変掛け分け丸皿   口径19.5cm、高さ2.5cm

d0138203_1717665.jpg
d0138203_17171955.jpg
                                                    
虫食いのところをどこにもってくるかで、
随分表情の変わるお皿です。
[PR]
by utuwa-seisyo | 2008-11-08 17:19 | 正祥もの | Comments(0)

紫窯変掛け分けリム長角皿 25cm×18cm×3cm (新作)

d0138203_8322085.jpg
d0138203_8323436.jpg
d0138203_8324697.jpg


                     きれいな紫が出ています。
          
                     釉薬で紫と言えば
                     伝統釉の均窯があります。

                     自然のものを使って紫色を出すのは結構難しく、
                     この紫も出ないことがあって
                     まだ安定していません。
[PR]
by utuwa-seisyo | 2008-11-04 08:39 | 正祥もの | Comments(6)

またまたヘンテコリンな注文が入りました!

d0138203_781245.jpg
d0138203_782882.jpg
                                                 <小原商店>                     9/29にUPしました焼〆緋襷変形長皿の変り種バージョンです。

d0138203_7125287.jpg

                      この穴、何のためにあると思います?
                      実はこの穴に、串カツなのか串焼きなのかわかりませんが
                      串をさすのです。
[PR]
by utuwa-seisyo | 2008-11-01 07:31 | 正祥もの | Comments(2)

掛け分け長皿   40cm×8cm×4.5cm

d0138203_1075811.jpg
d0138203_1081241.jpg
                                                     <小原商店>
ろくろだけでなく、タタラにも定評のある作者の長皿です。
40cmありますから和のテイストだけでなく、
洋からデザートまで結構幅広い使い方が可能だと思います。
[PR]
by utuwa-seisyo | 2008-10-27 10:12 | 正祥もの | Comments(2)

焼〆火襷変形長皿

d0138203_100870.jpg

          また、ちょっと変わった注文が入ってきました。
          このお皿、裏にすると

                 ↓

          こうなってるんですよ。

d0138203_1021476.jpg
                                                                <小原商店>          
          なんだか笑えますね!
          でも、こうすることでうつわも軽くなるし、
          焼成時の歪みも少なくなるんです。
[PR]
by utuwa-seisyo | 2008-09-29 10:20 | 正祥もの | Comments(4)

焼〆光彩長皿   (48cm×15cm×4cm)

d0138203_7464746.jpg
                                                             <小原商店>
かなりハードな長皿。
秋の色を散りばめて飾ってください。
[PR]
by utuwa-seisyo | 2008-09-09 07:48 | 正祥もの | Comments(0)

貝紋焼〆皿・・・口径25cm、高さ3.5cm

d0138203_913156.jpg

数年前に蕎麦屋さんからの注文で作ったお皿です。
部分的に灰釉を吹きかけ、アサリと藁をのせて焼成してあります。
線状に光っているのが藁の後で、ぽこぽことかたまって光っているのがアサリです。
黒い霧状の集まったところが灰釉です。
[PR]
by utuwa-seisyo | 2008-09-04 09:07 | 正祥もの | Comments(0)