ぎゃらりぃ 日月

タグ:焼〆 ( 40 ) タグの人気記事

焼〆貫入志野皿 新作2種

焼〆貫入志野丸皿 (φ19cm、高さ3cm)
d0138203_9502870.jpg


焼〆貫入志野四方皿 (19cm、高さ4cm)
d0138203_9515754.jpg
                                                               <小原商店>
ワイヤーブラシで粘土の表面をこすり、変化を出しています。
縁の作りも貫入志野釉も一つ一つはうるさい感じがしますが、
三者が微妙に釣合っているお皿だと思います。
[PR]
by utuwa-seisyo | 2008-06-04 09:57 | 正祥もの | Comments(0)

焼〆緋襷4つ足長皿 (31cm×7cm×3cm)

d0138203_7405284.jpg
2年程前の長皿が一枚だけ残っていましたので、記念に写しました。

この長皿を上手に使って下さっているブログをご紹介します。

招き猫「みかん」店番日記(2006年10月13日に掲載されています)

みかんさんはお料理上手で、

正祥窯のうつわだけでなく他の作家さんたちのうつわもとても品良く使いこなしておられます。
[PR]
by utuwa-seisyo | 2008-06-01 07:53 | 正祥もの | Comments(2)

焼締め緋襷 新作2種

d0138203_8121154.jpg

焼締め緋襷ぐい呑み(口径6cm、高さ5cm)…結構大ぶりなぐい呑みです。

焼締め緋襷ビアマグ(口径8cm、高さ12cm)…焼締めのビアマグはビールの泡がきめ細かくなり、
                              美味しいビールをよりいっそう美味しくしてくれます。
                              これからはビールの季節ですね!
                              (と言っても私は一年中ビールですが・・・)笑
[PR]
by utuwa-seisyo | 2008-05-21 08:25 | 正祥もの | Comments(0)

ちょっと頼まれて長皿2種類つくってみました   (大 30cm×12cm×h3.5cm、 小 20cm×9cm×h2cm)

d0138203_914330.jpg
                                                               <小原商店>
d0138203_9142549.jpg

もちろん作ったのは作者ですが、はじめ見たときは少しギョッとしました。
ただ隅々までペーパーがけしているうちに、うん?悪くはないかと・・・。
おそらくお料理やさんで使われるのでしょうが、一度家でも使ってみてもいいかな~なんて!
そういえば、以前も輪花皿(3/2、掲載)を始めてみた時は「なんだこれ?」と思いましたが、
今では食卓に出ない日はないぐらいですからね。
自分の感覚も当てにならないなー。
[PR]
by utuwa-seisyo | 2008-04-30 09:23 | 正祥もの | Comments(0)

焼〆緋襷しのぎ長角皿  (20.5cm×14cm×2.5cm)

d0138203_7322112.jpgd0138203_7324229.jpg
カキベラを使い、たたら土を削いで土味に変化をもたせています。
[PR]
by utuwa-seisyo | 2008-04-10 07:39 | 正祥もの | Comments(0)

焼〆緋襷5寸皿

d0138203_8422138.jpg


d0138203_8433519.jpg

この焼〆は、生素地の時に泥しょう土を流しかけてから焼成したもので、
2月15日に紹介させていただいた焼〆よりも茶色味がかってやわらかいタッチになっています。
さらに縁に灰を少し吹きかけていますので、おなじ焼〆といってもずいぶんと趣が異なりますね。

[PR]
by utuwa-seisyo | 2008-02-20 09:04 | 正祥もの | Comments(0)

焼〆緋襷小の葉皿

d0138203_8123058.jpg

左端にアサリをのせて焼成したので、そこの部分が銀化しています。
またピロピロの模様は、藁をのせた跡です。きれいですね。
白い小さなポツポツは、土の中に入れ込んだ石です。
ペーパーをかけたので、浮き上がってきました。

[PR]
by utuwa-seisyo | 2008-02-15 08:24 | 正祥もの | Comments(0)

焼〆瓦皿

d0138203_10184314.jpg

小ぶりな(13×11)瓦皿です。
真ん中を少し掘り込んであるので、少々の汁気があっても大丈夫。
あまり一般家庭向きではありませんが、ちょっと冒険してみて使ってみると、
料理のレパートリーにも変化が生じるかも知れませんね。

[PR]
by utuwa-seisyo | 2008-02-07 10:26 | 正祥もの | Comments(0)

焼〆緋襷角皿

d0138203_8322057.jpg

                もともと作者は備前にあこがれ、陶器をこころざしました。
              それが何の因果か信楽で作陶を始める事になったのですが、
              潜在意識がそうさせるのか、作風は備前になってしまいます。

[PR]
by utuwa-seisyo | 2008-01-20 08:38 | 正祥もの | Comments(0)

焼〆金彩長皿

d0138203_831671.jpg

        おせちを少量づつ三点盛りにしてみては・・・。
[PR]
by utuwa-seisyo | 2008-01-02 08:08 | 正祥もの | Comments(2)