ぎゃらりぃ 日月

タグ:焼〆 ( 40 ) タグの人気記事

クリスマス、お正月にこんな器はいかがでしょうか?!   (vol.8)

d0138203_7363561.jpg
            焼〆緋襷高杯 11cm×8cm                 焼〆デザートカップ 11cm×6.5cm

d0138203_742151.jpg
                                        貝紋デザートカップ 14cm×5.5cm

d0138203_7443484.jpg
            焼〆緋襷高杯 9.5cm×4cm                 貝紋高杯 12cm×4cm

高杯(たかつき)には、ジュレやカクテル(アルコール飲料ではありませんよ)などを一人分づつ盛り付け、
人数分をセッティングしたらきれいですし、アクセントにもなりますね。

窯変デザートカップ刷毛目高杯光彩高杯窯変小物類

おまけ
[PR]
by utuwa-seisyo | 2008-12-11 08:01 | 正祥もの | Comments(6)

クリスマス、お正月にこんな器はいかがでしょうか?!   (vol.7)

d0138203_6505961.jpg
              窯変波皿 32cm×30cm×5cm

d0138203_65369.jpg
                焼〆緋襷角皿 21cm×3cm

多少大きさや形は異なりますが、同じような用途で使っていただけると思います。

クリスマスには洋食器でおもてなしをされる方が多いと思われますが、

今年は和食器も一緒にセッティングされてみてはいかがでしょうか?

なかなか味わい深いものになると思いますよ。

ここでポイントとなるのは、お持ちの洋食器と同格の和食器を選ぶ必要があるということです。

普段あまり使われていないおもてなし用の和食器があれば、一度試されてみてはいかがでしょうか。



灰釉銀化リム皿輪花皿貝紋焼〆皿
[PR]
by utuwa-seisyo | 2008-12-09 07:05 | 正祥もの | Comments(0)

焼〆火襷変形長皿

d0138203_100870.jpg

          また、ちょっと変わった注文が入ってきました。
          このお皿、裏にすると

                 ↓

          こうなってるんですよ。

d0138203_1021476.jpg
                                                                <小原商店>          
          なんだか笑えますね!
          でも、こうすることでうつわも軽くなるし、
          焼成時の歪みも少なくなるんです。
[PR]
by utuwa-seisyo | 2008-09-29 10:20 | 正祥もの | Comments(4)

焼〆光彩長皿   (48cm×15cm×4cm)

d0138203_7464746.jpg
                                                             <小原商店>
かなりハードな長皿。
秋の色を散りばめて飾ってください。
[PR]
by utuwa-seisyo | 2008-09-09 07:48 | 正祥もの | Comments(0)

貝紋焼〆皿・・・口径25cm、高さ3.5cm

d0138203_913156.jpg

数年前に蕎麦屋さんからの注文で作ったお皿です。
部分的に灰釉を吹きかけ、アサリと藁をのせて焼成してあります。
線状に光っているのが藁の後で、ぽこぽことかたまって光っているのがアサリです。
黒い霧状の集まったところが灰釉です。
[PR]
by utuwa-seisyo | 2008-09-04 09:07 | 正祥もの | Comments(0)

焼〆盃

d0138203_1562827.jpg



                    たくさんもみ殻を食べた子達は

                    こんな風に焼きあがってきました。

d0138203_1582171.jpg


d0138203_151741100.jpg

[PR]
by utuwa-seisyo | 2008-08-27 15:12 | 正祥もの | Comments(2)

ショットグラス 3点

d0138203_943989.jpg


注文を受けてつくったショットグラス。
おつまみいれとして使うそうです。
ちょっと細長いので、底のほうになると食べづらいと思うのですが・・・。
何をいれるんだろ?
汁気ものか、はたまたスティック状のものか?!
[PR]
by utuwa-seisyo | 2008-08-25 09:17 | 正祥もの | Comments(4)

新作第9弾・・・焼〆角皿3点

d0138203_14175197.jpg
d0138203_1418778.jpg
     4寸  13cm×h3cm          5寸  15cm×h3.5cm          6寸  19cm×h4cm
         

真っ白の次は、やっぱり真っ黒ですよね。それもいたってシンプルな黒。
何も足さない、何も引かない、そんな黒。
エッジが効いて凛とした形、飾りは必要ありません。
あとは料理とのハーモニーだけです。
[PR]
by utuwa-seisyo | 2008-08-04 14:29 | 正祥もの | Comments(2)

沖縄はやっぱり琉球王国!     <焼〆緋襷木の葉皿>

d0138203_901630.jpg家に居座っている長女と結婚した次女が二人で沖縄へ旅行。
おみやげに家用とは別に、私には小さくてかわいいシーサーを!

「沖縄はどうだった?」
「・・・日本じゃなかった。」
「・・・・・・、そっ、そっかぁー。なんたって琉球王国だからね。」
ちょっとピントがずれてるような気がしたが、妙に納得。

娘は大体において返答は一言でおしまい。
ただその一言には、何故か説得力がある。摩訶不思議!


で、沖縄とは全然関係がありませんが、
今日は焼〆緋襷木の葉皿(19.5cm×16cm×h3cm)の紹介です。d0138203_9131568.jpg
d0138203_91464.jpg
この虫が喰ったような所、手でちぎるんですがヘタをするとそこから切れが生じます。
ちょっとした押さえ加減の違いなんですけどね。
この写真のお皿は作者がつくったものなのでシャープな仕上がりになっていますが、
私が作るとなんかモターッとします。
同じように作っているのに、何故?
やっぱり作者の手は、誰かさんの言うとおり、”魔法の手”?!
[PR]
by utuwa-seisyo | 2008-07-07 09:34 | 正祥もの | Comments(0)

うつわ、組み合わせてみました!   <焼〆輪花長皿・・・37cm×18cm×h2.7cm>

d0138203_758624.jpg
このお皿、某とんかつやさんが愛用していて下さったのですが、
開店1年にもならないのに閉店の憂き目にあってしまいました。
豚肉もイベリコ豚、もち豚、平田牧場の三元豚と、素材を吟味していたお店だったのに・・・。残念です。
それにしても、器たちはどうなったんだろう?
気になる。


d0138203_893779.jpg長皿に前々回(7/1)紹介しました刷毛目高杯を載せてみました。
料理的にはどちらかというと洋になるでしょうか?
高杯を盃や豆鉢に変えると和の感じになりそう。
組み合わせを少し変えるだけで、バリエーションは広がります。
いろいろと試してみてくださいね。

[PR]
by utuwa-seisyo | 2008-07-05 08:23 | 正祥もの | Comments(0)