ぎゃらりぃ 日月

タグ:焼〆 ( 40 ) タグの人気記事

お中元の器づくり

d0138203_15174453.jpg
                       窯から出てきたばかりの<焼〆緋だすき冷酒器>。
                       このままではガサガサ・ゴツゴツしていますので、
                       サンドペーパー(↓)で磨きをかけます。

d0138203_1521955.jpg
                        磨く場所によって、ペーパーの硬さを使い分けます。
                 細かいところを磨くときは、クシャクシャになった柔らかいペーパーを使用します。



d0138203_15232063.jpg
                           画像向かって右が磨きあげた冷酒器。
                    色の違いは磨いた後洗ったので、水分が含まれているからです。
                     かくれていた石も表面に出てきて、見た目もシットリ滑らか~!
                              触るとスベスベ・サラサラです。

                 焼〆だけでなく、窯変や紫窯変の器もこうして全面ていねいに磨きあげています。



d0138203_165439.jpg
                             作業机の上なので趣きはありませんが、
                                     美しいです!

                                10日に第一陣が出荷され、
                   箱屋さんの手で紫の布に包まれ、木箱に入れられて東京へ送られます。
                         そのあと、この子達はいったいどこへ行くのでしょう~?
                             どうか大事に使っていただけますように。。。


                                                             「正祥窯うつわ展」・・・新作掲載中!
[PR]
by utuwa-seisyo | 2011-06-07 15:52 | 正祥もの | Comments(8)

焼〆ビアマグのある食卓

先日焼〆ビアマグに当選されたT.Kさん。
食卓の様子の画像を送ってきて下さいました。

d0138203_64045100.jpg

                              乾杯前の食卓の様子です。
                      どこぞで見たことのある素敵な器に秋を盛りつけー!
                                  渋いですね。


d0138203_6411693.jpg

                                 夫婦で乾杯~。
                                


d0138203_6454944.jpg

                                  おいしそう~。
                              色の組み合わせがまた絶妙です。


T.Kさんのお料理、和の基本に則った一汁三菜で栄養バランスもバッチリ。
お料理上手な方の参加がまたお一人増えました。
嬉しいな!
[PR]
by utuwa-seisyo | 2010-09-24 06:43 | 器と料理 | Comments(0)

信楽火まつり、器プレゼント~!

d0138203_616772.jpg

             火まつりは、江戸時代より続けられ、 
             「陶器づくりに欠かせない火」 「生活や文化に欠かせない火」への
             感謝と火に関わる安全を願って行われてます。
                                            陶都・信楽 火まつり実行委員会のHPより掲載


明日は<信楽火まつり>。
以前信楽の陶器市は、この火まつりに年一回だけ開催されていました。(今は春と秋の年二回)
・・・で、それにちなんで「ブログで陶器市~!」なるものをしてみようかと考えついたのであります。
信楽まで遠くて来れない方のために、お買い得価格で正祥の器をご提供しようかと。。。
ただ思いついたのが2~3日前でしたから、いかんせん準備不足。
でもせっかくだからと閃いたのが、今年つくったお中元の器のおすそわけです。


                 <焼〆ビアマグセット>              <紫窯変砂金角皿>
d0138203_631827.jpg

                大・・・φ8.0cm、h14.5cm           21.5cm×21.5cm×3.5cm
                 小・・・φ7.5cm、h13.0cm
                     ¥7,600                       ¥8,000
                           (値段は市場価格です。ルートによって多少変動アリ)


<焼〆ビアマグセット>と<紫窯変角皿>をそれぞれお一人様にプレゼント~!
で、でもですね。送料はお客様ご負担ということで宜しくお願いします。

申し込み受付期間・・・7/23(金)~7/29(木)
当選者発表    ・・・7/31(土)
お申し込み方法  ・・・器名、ご住所、お名前、メールURLまたはブログタイトル名を明記の上、下記にお申し込み下さい。
              utuwa-seisyo@mail.goo.ne.jp (コメント欄でも可)

たぶん最初で最後の企画になると思いますので、ふるってご応募くださいねー。
[PR]
by utuwa-seisyo | 2010-07-23 06:56 | メッセージ | Comments(7)

通販 ≪ブログ限定品・・・焼〆金彩輪花皿≫

                                                          
ブログで通販を!と口にしてからほぼ一年、やっと現実のものとなりました。
今回は一種類5サイズだけですが、追々増やしていきたいと考えています。


             <小皿>          <取り皿>             <中皿>
d0138203_11114186.jpg
         φ10.0cm,h2.0cm    φ15.0cm、h2.5cm       φ20.0cm、h3.0cm
             ¥1,600          ¥2,400              ¥3,600
                     

                    <盛り皿>                  <大皿>
d0138203_11122866.jpg
                 φ25.0cm、h4.0cm             φ29.0cm、h4.5cm
                    ¥5,800                   ¥9,200
                     

数はご用意しておりますが、限りがありますのでお早目のご注文を!
品切れの場合は予約注文となり、注文されてから1ヶ月以上お待ちいただくことになるかもしれません。
また、手作り(たたら制作)ですので形が多少ことなることがありますがご容赦下さい。


<小皿アップ>   <大皿アップ>   <重ね合わせ>   <盛り皿アップと盛り付け>

<中皿に盛り付け>   <小皿に盛り付け>

ご注文方法
[PR]
by utuwa-seisyo | 2010-02-28 09:20 | Comments(3)

縁がわで、お茶のじかん

d0138203_7211788.jpg

お歳暮用のデザートカップも作り終わり、
ちょっと一息ついた昨日は久しぶりに縁がわで3時のおやつにしました。
縁がわでお茶するとどうしても長くなりがちなので、普段は仕事場です。


                ちょっと角度をかえてアップにしてみると、

d0138203_727725.jpg

                刷毛目の湯飲み茶碗も焼〆のお皿も順調に育って、いい艶を出しています。


                紅葉にはまだ早いかな~と思いながらも外にカメラを向けていると、

d0138203_7304096.jpg

                お茶を飲み終えた作者が「お先に~」と仕事場へ。
                私もそそくさとかたづけして仕事へ。。。


よく考えてみると365日ほとんど一緒にいるんですよねー。
あなた、絶えられますぅ~?!
最初の頃は何やかやとぶつかった時もありました(今も稀にあります)が、
協力してやっていかないと成り立ちませんからねー。
それにもういい年になってきてますから、なおさらです。

そのうちお茶のじかんはいつも縁がわで!ということになるのでしょうか?
それも1時間も2時間も居たりして・・・^^;

                                                             「正祥窯うつわ展」・・・新作掲載中!
[PR]
by utuwa-seisyo | 2009-11-01 07:43 | 未分類 | Comments(0)

ブログオリジナルのうつわを只今考案中!

先日の陶器市でのことですが、何人かのお客様から通販のお話が出ました。

「買いたいけど値段もわからないし」というご不満の声も・・・

値段に関しては難しいものがあって、なかなか表記できません。

・・・で、やはりブログオリジナルのうつわを作者に作ってもらうしかないかなーと2,3日悩んでおりました。

そこで今日、どの器にどのくらいアクセスがあるのか調べてみたんですね。

すると、ダントツの1位が焼〆金彩輪花皿でした。

d0138203_16361913.jpg

この器自体はかなり大きめなので一般向けに4寸ぐらいのものを・・・と思っています。

また他の人気の高かった器も数点アレンジして作ってもらおうかと考えています。

ですがアクセス解析が今年7月からの「正祥窯うつわ展」のみの資料ですので、なんとも判断がつきにくいものがあります。

あまり一度にアレもコレも出来ませんので、ゆっくりペースのお付き合い何卒よろしくお願い致します。


<追記>
お買い上げ頂いた皆様方のお料理ならびにティータイムの画像、心待ちにしておりますですよ~♪
[PR]
by utuwa-seisyo | 2009-10-17 16:49 | メッセージ | Comments(2)

ふだん使っているお気に入りの器・・・焼〆どんぶり

d0138203_6554272.jpg
d0138203_656060.jpg

いたってシンプルな黒一色のどんぶりです。
これからの季節、我が家ではどんぶりがかかせません。
なんといってもランチは麺類がメインですから、この飽きのこないどんぶりが大活躍。
○○丼、うどん、そば、許容力が大きいので何を盛っても受け入れてくれます。


                                                    「正祥窯うつわ展」・・・伊勢丹企画展掲載中!
[PR]
by utuwa-seisyo | 2009-09-24 07:00 | 正祥もの | Comments(4)

実は箸置きではありませんでした・・・

先日「正祥窯うつわ展」に掲載した箸置きですが、

d0138203_10432330.jpg



実は珍味いれだったんです。
申し訳ありませ~ん。
(もちろん箸置きとしても使えます)

d0138203_10443657.jpg




一輪挿しの失敗作2点も紹介しておきます。

d0138203_10454555.jpg


d0138203_1046643.jpg

2点とも轆轤で片口鉢をつくり、つなぎ合わせたものです。
片口でなければ切れることもないのですが、
どうしても引っ張られてしまいます。
でも、失敗して良かったんじゃないかなー。


「正祥窯うつわ展」・・・新作掲載中!
[PR]
by utuwa-seisyo | 2009-07-23 10:54 | 正祥もの | Comments(2)

お中元のビアマグもいよいよ大詰めとなりました~♪

撥水剤で抜いたところに窯変釉が掛かっています。
これが最後の生です。

d0138203_16274345.jpg


焼きあがったビアマグの窯変釉のところに
金彩を施して出来上がりです。

d0138203_1629225.jpg


最後の生を焼成し金彩を焼き付ければ、お中元の仕事も終了。
やっと他の注文にとりかかれます。
忙しい6月でした。
でも今月も引き続き忙しそう~。


「正祥窯うつわ展」・・・福岡見本市のうつわ掲載中!
[PR]
by utuwa-seisyo | 2009-07-05 16:34 | ひとつの作品が出来るまで | Comments(0)

正祥窯の器にに盛り付けされた料理 (みかんさんの巻・・・その3)

                            <焼〆ひだすき4ツ足長皿>

d0138203_7591673.jpgd0138203_7593339.jpg


                         同じ食材と器を季節に応じてアレンジ。
                         なかなかやりますねー。
                         右の写真は、帰りの遅いご主人の一人お夕食。
                         栄養を考えながらも胃にやさしい献立。
                         みかんさんの気くばりが行き届いています。
                         汁物以外は正祥の器です。
                         (左の酒器セットも正祥のものではありません)


                             
                            <銀化7寸リム鉢>

d0138203_884966.jpgd0138203_8964.jpg


                         色の組み合わせが絶妙ですね。
                         上にかかっているのは柚子胡椒マヨネーズです。


                              
                               <四方皿鉢>

d0138203_8125084.jpg

                         冷やしうどんだと思うのですが、
                         ひょっとすると温かいおつゆでいただくのでしょうか・・・?!
                         器は自作です。



みかんさんの器使い、いかがだったでしょうか?
お料理と器、どちらも活かしあってますよね。
まさしく、”料理と器のハーモニー~!”
[PR]
by utuwa-seisyo | 2009-06-07 08:31 | 器と料理 | Comments(4)