ぎゃらりぃ 日月

タグ:和ママ ( 5 ) タグの人気記事

正祥の器に盛り付け (和ママさんの巻・・・その4)

d0138203_7185191.jpg















                 柚子釜    ・・・ 焼〆緋だすき角皿
                      甘酒      ・・・ 紫窯変掛け分けそば猪口                                                
                      蕪のスープ ・・・ 銀化たわみ鉢
                      やきもち   ・・・ 窯変角皿




和ママさん2月分です。
従来からある日本の季節の食材を、その素材が損なわれないよう丹精に調理される和ママさん。
<柚子こしょう>や<塩昆布>、一番新しいところでは<いかなごの釘煮>。

もちろん日本の伝統食ばかりでなく、韓国料理に中華、和菓子・洋菓子・デザートと、
どれも手間ひまを惜しまず、愛情込めて手作りされています。

和ママさんのブログにはレシピも掲載されていますので、興味のある方は覗いてみてくださいね。


                                                          「正祥窯うつわ展」・・・通販の器掲載中!
[PR]
by utuwa-seisyo | 2010-03-29 07:20 | 器と料理 | Comments(2)

ブロガーさんの元旦食卓風景

                               <和ママさん邸
d0138203_7272740.jpg

                    磁器もの以外、すべて正祥の器を使ってくださっています。
                    地味ハデな正祥の器に色絵の徳利がよく映え、華やかですね。
                    さぞかしおせちも美味しく、お酒もすすんだことでしょう~。


                                <ままんさん邸
                まずはセッティングから。。。
d0138203_733825.jpg

                        以前からお使い頂いている窯変輪花小鉢と
           年末にお買い上げ頂いた窯変粉引皿鉢(モニターのrottaさんが使ってくださった器)です。
                    はてさて、この皿鉢には何が盛り付けられるのやら。。。

More
[PR]
by utuwa-seisyo | 2010-01-07 07:50 | 器と料理 | Comments(2)

正祥窯の器に盛り付けされた料理 (京都府亀岡市 和ママさんの巻・・・その3)

昨日(11/23)渋滞する道を避け、遠回りをされて信楽まで来てくださった和ママさんご夫婦。
さっそくお買い上げしていただいた器で一品盛り付けして下さいました。

d0138203_16134763.jpg
                        豆腐ステーキ・・・「白髪葱とかつを節をのせて」

大きめの器にこんもりと盛り付けられた豆腐ステーキ。
なんでもないおかずですが、品のよさを感じます。
器は窯変金彩八角皿です。
薄っすらと円にそって三分の一ほど金線が入っています。


こちらは以前ご購入頂いた銀化7寸リム鉢です。

d0138203_16142094.jpg
            小芋まんじゅう・・・「小芋の中には少量の酒でからいりしたえびとぎんなんを入れています。
                       片栗粉をまぶして油で揚げあんかけにし、わさびで食べました。」

もっちりとして美味しそう。色合いもキレイです。
ひと手間かかったお料理ですね。


和ママさんからのメッセージ
「この頃夫婦二人の食卓は本当にシニアメニューで、器が一番のごちそうです。
器のおかげで安い食材と少量のお料理ですが、美味しくいただいております。」

なんとも作り手冥利に尽きるお言葉。
皆様のこうした言葉に作者も励まされ、今まで以上にいい物を作ろうと頑張れるのでしょう。
ありがたいことです。
                                                            
                                                            「正祥窯うつわ展」・・・新作掲載中!
[PR]
by utuwa-seisyo | 2009-11-24 16:33 | 器と料理 | Comments(0)

正祥窯の器に盛り付けされた料理 (京都府亀岡市 和ママさんの巻・・・その2)

                               <銀化6寸リム皿>
d0138203_6522237.jpg
                         刺身・・・「1人前を2人で分けました」

仲のおよろしいことで・・・^^
美しいです。お刺身が光り輝いて見えます。
シソの葉もピンとして、ツマもシャキシャキ感が見てとれます。


                               <銀化7寸リム鉢
d0138203_6575493.jpg
         小芋のあんかけ・・・「小芋を昆布とかつおの出しで煮て、冷蔵庫に残っていたミンチであんかけにし、
                     ぎんなんと柚子の皮をすってのせました。」

柚子の皮のすりおろしを入れることで、味がグーッとひきしまる一品。
ひと手間かかっているお料理は見た目も何かが違います。
残念ながらこの画像には銀杏のすりおろしが入っておりませんでしたが・・・


                          <焼〆輪花長皿>と<焼〆金彩たたき皿>
d0138203_75080.jpg
                                   焼き鳥とサラダ

串刺しにしたダイナミックな焼き鳥と器のバランス、いいですね。
輪花模様と金そしてお皿の形を上手く活かした盛り付けになっています。


和ママさん。他にも器を色々お持ち帰りいただいています。
今後、どの器にどのようなお料理を盛り付けしてくださるのか、すっごく楽しみです。


*銀化6寸リム皿は当ブログでお馴染みのままんさんが愛用して下さっています。
*銀化7寸リム鉢はモニターのぐらんま!さんが毎月お料理を盛り付けして下さっている器です。
 銀化7寸リム鉢は、Mika's selectionにて販売中!
                                                      
                                                           
[PR]
by utuwa-seisyo | 2009-11-10 07:19 | 器と料理 | Comments(8)

正祥窯の器に盛り付けされた料理 (京都府亀岡市 和ママさんの巻・・・その1)

先日の陶器市のとき「ブログ見てますー。私、金大好きなんですよ~」と仰りながら焼〆金彩たたき皿を手にする和ママさん。
「若い人は好きじゃないらしいですが、いいですよねー」と金の入った器を物色されていました。
ご主人も奥様と似通った趣味らしく、ご夫婦共々えらく正祥の器を気に入ってくださった様子。

ついこの間もお二人で仕事場まで来てくださり、お店でもはじめるんじゃないかと思うぐらいあれこれとお買い求めいただきました。
「すぐに開けて見たくてどこにも寄らずに真っ直ぐ家に帰りました」というありがたいメールも届き、作者もつくり手冥利に尽きるというものです。

そんな和ママさんから、盛り付け画像が送られてきました。

                            <焼〆金彩たたき皿(7寸)
d0138203_6433860.jpg

             カキフライ・・・「少しお皿が小さいと思ったのですが、どうしてもこの器に盛りたかったので・・・」

ボリューム満点で美味しそう~。食欲そそられます。
もう本当にこの器がお気に召したらしく、先日来られた目的のひとつがこの器だったんです。
でもあいにく在庫はなく、申し訳なかったです。

                                <焼〆瓦皿
d0138203_6514672.jpg

                           柿ナマス・・・「いただいた柿で・・・」

美しいですね。この柿の葉を斜めに切ったところがまた粋ではありませんか。
一杯飲みたくなります。

d0138203_6565216.jpg

              ティータイム・・・「クラッカーにクリームチーズと手作りの杏ジャムと干しブルーベリー」

上品かつオシャレなティータイムのひととき。このカップ&ソーサーもまた素敵ですね。


瓦皿は、仕事場に来てくださった時にご購入していただいたものです。
帰りかけようとしてたまたま目に入ったのが、埃だらけだったこの器。
今では別嬪さんに変身してしまいました。
[PR]
by utuwa-seisyo | 2009-11-09 07:04 | 器と料理 | Comments(4)