ぎゃらりぃ 日月

タグ:刷毛目 ( 11 ) タグの人気記事

縁がわで、お茶のじかん

d0138203_7211788.jpg

お歳暮用のデザートカップも作り終わり、
ちょっと一息ついた昨日は久しぶりに縁がわで3時のおやつにしました。
縁がわでお茶するとどうしても長くなりがちなので、普段は仕事場です。


                ちょっと角度をかえてアップにしてみると、

d0138203_727725.jpg

                刷毛目の湯飲み茶碗も焼〆のお皿も順調に育って、いい艶を出しています。


                紅葉にはまだ早いかな~と思いながらも外にカメラを向けていると、

d0138203_7304096.jpg

                お茶を飲み終えた作者が「お先に~」と仕事場へ。
                私もそそくさとかたづけして仕事へ。。。


よく考えてみると365日ほとんど一緒にいるんですよねー。
あなた、絶えられますぅ~?!
最初の頃は何やかやとぶつかった時もありました(今も稀にあります)が、
協力してやっていかないと成り立ちませんからねー。
それにもういい年になってきてますから、なおさらです。

そのうちお茶のじかんはいつも縁がわで!ということになるのでしょうか?
それも1時間も2時間も居たりして・・・^^;

                                                             「正祥窯うつわ展」・・・新作掲載中!
[PR]
by utuwa-seisyo | 2009-11-01 07:43 | 未分類 | Comments(0)

大根葉を使ってとりあえずの一品+α

d0138203_714990.jpg

間引き大根をたくさん頂きました。
とりあえず酒の肴に塩もみした大根葉と塩昆布を混ぜ、
注器に盛り付けてみました。
d0138203_741881.jpg

うちは二人とも日本酒を飲まないので、
注器はふだんドレッシングやソース入れとして使っています。

おかずにするのであればもう少し塩昆布を足して、
刷毛目のお鉢で食卓へ・・・といったところでしょうか。

+α
[PR]
by utuwa-seisyo | 2009-10-07 07:23 | 器と料理 | Comments(8)

刷毛目はうず潮だった。。。

d0138203_102667.jpg

今回伊勢丹の巡回展でお世話になる問屋さんのカタログ商品です。
カタログには刷毛目ではなく、『うず潮』という銘になっておりました。
どなたが考えてくださったのか、刷毛目なんじゃらよりよっぽど美しい銘ですね。

写真は左からうず潮豆鉢(10×8.5×4)、うず潮向付(15×13×5.5)、うず潮盛鉢(20×17×7)です。
一番大きいうず潮盛鉢に、美味しそうなきのこご飯(?)が盛り付けされています。

この刷毛目(うず潮)シリーズは、正祥にはめずらしく一般のご家庭でも気楽に愛用出来ますので、
正祥の器の取っ掛かりにお勧めですよ。


                                                           「正祥窯うつわ展」・・・新作掲載中!
[PR]
by utuwa-seisyo | 2009-09-19 10:15 | 器と料理 | Comments(0)

ふだん使っているお気に入りの器・・・刷毛目たわみ鉢

d0138203_6374241.jpg


d0138203_6375753.jpg

かなり使い込んでいるので、色に深みが出ています。
わざとひびが入るように濃い目の化粧を施し、
なおかつ厚みを変えることで上掛け釉の発色も変化させています。
この色のコントラストが気に入っています。

それに使い勝手がいいんです。
なんとなくもう一品足りないなと思うとき、ついついこの器に常備菜を盛ってしまいます。


*刷毛目小鉢、刷毛目丸鉢、こちらにて販売中です。


                                                    「正祥窯うつわ展」・・・新作掲載中!
[PR]
by utuwa-seisyo | 2009-09-14 06:49 | 正祥もの | Comments(4)

正祥もの変遷 vol.8 (独立当初のもの・・・刷毛目)

d0138203_16352261.jpg


d0138203_16353836.jpg
                               <大皿 φ30cm×h5.5cm>

d0138203_16382156.jpg
                               <小皿 φ6cm×h2.5cm>

化粧を刷毛で塗ったわけではないので、刷毛目といっていいのかわかりませんが、筆で釉を塗っています。
白土でつくり還元焼成してありますが、これをさらに酸化焼成すると、↓紅彩(赤刷毛目)になります。

d0138203_1642239.jpg


この頃は独立して3年ぐらいでしょうか。
紅彩が好評で、やっと食べれるようになりました。
(今はどうか知りませんが、昔は独立して3年は食えないと言われていました。)
なのに白土の成分が変わってしまったのか、紅彩の色が出なくなってしまうんです。
そこで仕方が無いので白土での器作りはストップとなり、このあと全面的に赤土での制作がはじまります。
[PR]
by utuwa-seisyo | 2009-02-03 16:54 | 正祥もの | Comments(6)

刷毛目鉢3種

d0138203_7204090.jpg
d0138203_720563.jpg
        小・・・φ11.5cm×h5.5cm     中・・・φ13.5cm×h6cm     大・・・φ15cm×h6.5cm

用途に応じて・・。
入れ子で収納できます。
[PR]
by utuwa-seisyo | 2008-09-25 07:27 | 正祥もの | Comments(0)

刷毛目丸鉢   (φ17cm、h5.5cm)

d0138203_9104335.jpg
d0138203_911067.jpg

                                とっても重宝なお鉢です。



久しぶりに窯焚きで徹夜しました。
といっても電気窯、
絵になりませんが・・・。
[PR]
by utuwa-seisyo | 2008-09-23 09:16 | 正祥もの | Comments(2)

作者は仕事人間!   <刷毛目高杯>

やっとお中元の仕事が終ったと思いきや、作者はもう新しい見本作りに精を出しています。
もっとゆっくりしたらいいのに・・・、と私は思うんですけどね!!
でも仕方ないのです。
なんと言ったって作者は仕事が趣味みたいな人ですから・・・。
それでも昔は山登り、釣り、キャンプとアウト・ドア派だったんです。
50歳を過ぎた頃からでしょうか、
全エネルギーを仕事に向け始めたのは・・・。


今日は刷毛目高杯(口径9.5cm、高さ5.5cm)の紹介です。d0138203_7513865.jpgd0138203_75205.jpg
刷毛で化粧を塗っているので、厚みや幅は一定ではありません。
うわぐすりのかかり具合もまた然りです。
でもそれだからこそ、このような色合いが醸し出されてくるのでしょうね。
[PR]
by utuwa-seisyo | 2008-07-01 08:00 | 正祥もの | Comments(0)

刷毛目楕円鉢

d0138203_9212859.jpg

少し濃い目の白化粧をひび割れが入るぐらいの厚みで刷毛目を入れています。
化粧が薄いところは少し黒くなり、
うわぐすりの灰釉が溜まっているところはブルーがかったグレーとなって
その微妙なコントラストがいいですね。
[PR]
by utuwa-seisyo | 2008-03-05 09:29 | 正祥もの | Comments(0)

刷毛目4寸皿(刷毛目取り皿)

d0138203_955543.jpg

                ふだん使いの取り皿として重宝しています。
[PR]
by utuwa-seisyo | 2008-01-23 10:00 | 正祥もの | Comments(0)