ぎゃらりぃ 日月

<   2010年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

突然ですが!!!

春まで冬眠することにしました。

また暖かくなったらお会いしましょう~。

[PR]
by utuwa-seisyo | 2010-11-24 18:06 | メッセージ

この道。。。

d0138203_2093446.jpg

今日は勤労感謝の日。
働けることに感謝をしつつ、ほぼフルタイムで仕事をしておりました。
ということで、あと数箇所を残して信楽まちなか芸術祭へ足を運ぶことが出来ませんでした。
ご紹介しきれず申し訳ありません。

画像はまちなかへと続く道です。
先日の歯医者の帰りいつもとは別ルートを通り、小ぬか雨降るなか撮った一枚です。
その昔(30年ぐらい前ですが)、信楽へ入るにはこうした山道しかありませんでした。
といってもこの道なんぞはかなり穏やかで、七曲がりなんていう恐ろしい道もありました。
はじめて信楽に来たとき、この先に町があるのだろうか?と不安になったぐらいですから・・・

今回の信楽まちなか芸術祭、お商売の町から文化の町へと移行する姿を目の当たりにした気がします。
(この動きそのものは数年前から徐々にはじまっていましたが・・・)
もともと歴史のある町ですから、その良さが今後全面に出てくれれば!と願わずにおれません。

芸術祭に関わってこられた皆様方、本当に御苦労様でした。
感謝の気持ちで一杯です。
[PR]
by utuwa-seisyo | 2010-11-23 20:45 | 未分類 | Comments(6)

今、ここに ・・・

d0138203_1624048.jpg

        信楽のまちなかを散策していて信楽の町の奥深さを感じた私は、何年ぶりかで紫香楽宮跡を訪れました。
        天平17(745)年に近辺の相次ぐ山火事や群発地震がなければ、ここは日本の一大聖地になっていた場所。



d0138203_16335212.jpg

             今、ここに自分が立っていることの不思議を思い、しばし壮大な妄想の<時>を過ごす。
             やっぱり・・・信楽は奥が深い。



                                                          「正祥窯うつわ展」・・・個展の器掲載中!
[PR]
by utuwa-seisyo | 2010-11-21 16:43 | 未分類 | Comments(0)

信楽まちなか芸術祭 vol.7  <信楽の「今」陶芸展:土と炎の贈り物><信楽生まれの国際陶芸交流展>

今回は撮影禁止バージョンです。

d0138203_7142526.jpg     伝統産業会館で開催されている<信楽「今」陶芸展>では、
     甲賀指定無形文化財「信楽焼」保持者5名と
     現在信楽で活躍されている49名の陶芸家の作品が展示されています。

     また同会場の<土と炎の贈り物>では、
     鎌倉時代から現代に至る信楽焼の作品を見ることが出来ます。

     それぞれ見ごたえのある作品ばかりでしたが、
     その中でも特に鎌倉~室町にかけての信楽焼は圧巻です。
     イマイチ伝統工芸の信楽焼に疎かった私の心をわしづかみにしてしまいました。
     
     もう一度見に行ってこようかなー。




d0138203_715052.jpg
     <信楽生まれの国際陶芸交流展>が開催されている川端倉庫です。
     ここでは「陶芸の森」に滞在制作したゲストアーティストや
     研修生の作品が展示されていました。

     海外のアーティストの作品をまとめて目にする機会は滅多にありませんから、
     時間が許すようであればここももう一度見て廻りたい所です。
[PR]
by utuwa-seisyo | 2010-11-19 07:16 | 行ってきました 見てきました | Comments(0)

信楽まちなか芸術祭 vol.6   <黒壁国技館 狸相撲 信楽場所> <寝釈迦と添い寝>

d0138203_839266.jpg

<黒壁国技館>です。
たまたまスタッフの方が知り合いでしたので、その方と狸相撲してきました~。
ダンボールで出来た土俵を叩いて相手狸力士を倒すのですが、なかなか決着がつきません。
チラッと横を見ると観光客の方が3人ばかり観戦、俄然奮い立った私は稀勢の里のごとく一気に叩きまくり、
みごと勝利を収め(怖ろしや~)、こんなもの ↓ をいただきました。

More
[PR]
by utuwa-seisyo | 2010-11-18 09:38 | 行ってきました 見てきました | Comments(0)

信楽まちなか芸術祭 vol.5   <地球の声を聴くために~風信楽~ : 窯の未来展>

d0138203_10493371.jpg
                                                          丸又窯 登り窯

<地球の声はふたつあります。ひとつは大地の内なる響き、地球の内臓の声です。またひとつには大空の風、四海を越えて届く息吹があります。人間の耳もふたつあります。右と左の耳ではなく、自分自身の内臓を聴く耳と、外の時空の拡がりに同化する耳と。本作品は、自分の内外の空間を「聴く」ことで、イマジネーションを内から外へと解放し、心身の屈伸運動へとみちびく小道具です。>
                                                                『信楽窯元散策絵図』裏面より 

More
[PR]
by utuwa-seisyo | 2010-11-16 10:54 | 行ってきました 見てきました | Comments(0)

信楽まちなか芸術祭 vol.4   <信楽新世代陶芸展・・・第二会場:すずや>

つづきです。

d0138203_1525495.jpg
     第二会場の<すずや>は、子供たちが小学生の頃自転車で足しげく通っていた
     町でたった一軒のおもちゃ屋さん。

     いつの頃からかシャッターが降りたままになってしまいましが、
     陶芸展の期間中だけ復活です。

     ここでは11名の作家さんの作品が展示され、
     何年も閉ざされていた空間に若い力が漲っていました。


More
[PR]
by utuwa-seisyo | 2010-11-14 15:37 | 行ってきました 見てきました | Comments(0)

信楽まちなか芸術祭 vol.3   <信楽新世代陶芸展・・・第一会場:藤本ミシン>

                 ー 信楽を活動に拠点とする、
                   陶歴10年以内の若いつくり手たちの展覧会です。
                   器、置物、オブジェ、建築資材にいたるまで・・・
                   陶芸にはいろいろな可能性があります。
                   この企画でも、一人ひとりが独自の方法で作品を生み出し作品を発表しています。
                   信楽の「これから」を少しでも感じていただければ幸いです ー
                                                      『信楽窯元散策絵図』裏面より



d0138203_10364029.jpg

     第一会場は、昭和の忘れものといった佇まいの<藤本ミシン>。
     ここの前を何度も通っているはずなのに、
     お店をしていた頃の記憶が残っていません。
     なんとも殺風景な会場に少しためらいながら入ると、
     目に飛び込んできたのは真っ黒な段ボール箱。
     この箱(↓)実はかぶりもので、中は万華鏡の世界が・・・


More
[PR]
by utuwa-seisyo | 2010-11-14 11:20 | 行ってきました 見てきました | Comments(0)

信楽まちなか芸術祭 vol.2   <新宮神社野外展> sanpo

d0138203_1539144.jpg


今日(11/9)からはじまった新宮神社野外展第二部『作家の一語(ひとこと)・信楽での一会(であい)』を見てきました。
パンフレットには「神社の凛とした空間を舞台に、オブジェなど個性豊かな造形を紹介する現代陶芸の展覧会です」
と書かれておりました。

More
[PR]
by utuwa-seisyo | 2010-11-09 16:31 | 行ってきました 見てきました | Comments(0)

信楽まちなか芸術祭 vol.1   <信楽おしりあいプロジェクト>

なかなか行けずにいるまちなか芸術祭ですが、今日ちょこっとだけ覗いてきました。
お邪魔したのは三平マロンパークです。

d0138203_16395940.jpg


More
[PR]
by utuwa-seisyo | 2010-11-05 17:06 | 行ってきました 見てきました | Comments(2)