ぎゃらりぃ 日月

<   2010年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

「器プレゼント~!」当選者発表

素敵なメッセージやユニークなコメント付きのご応募ありがとうございました。
ご応募してくださいました皆さま全員にプレゼントをお渡ししたい気持ちで一杯ですが、
心を鬼にしてお二人を選ばさせていただきました。
な~んて偉そうなこと書きましたが、結局自分の意思で選び切れなかったものですから(情けない)、
あみだくじで決めました。申し訳ありません。
できればお一人は関東方面の方にと念じつつ。。。

<焼〆ビアマグセット>   東大阪市  T.K さん

<紫窯変砂金角皿>     姫路市   Y さん

上記のお二人に決定しました。
おめでとうございます!

今回当選にモレた方々には、また何らかのチャンスがあるよう考えてみますね。

たくさんのご応募、本当にありがとうございました。


                                                    「正祥窯うつわ展」・・・KOHARAオリジナルの器掲載中!
[PR]
by utuwa-seisyo | 2010-07-31 08:38 | メッセージ | Comments(8)

信楽火まつり、器プレゼント~!

d0138203_616772.jpg

             火まつりは、江戸時代より続けられ、 
             「陶器づくりに欠かせない火」 「生活や文化に欠かせない火」への
             感謝と火に関わる安全を願って行われてます。
                                            陶都・信楽 火まつり実行委員会のHPより掲載


明日は<信楽火まつり>。
以前信楽の陶器市は、この火まつりに年一回だけ開催されていました。(今は春と秋の年二回)
・・・で、それにちなんで「ブログで陶器市~!」なるものをしてみようかと考えついたのであります。
信楽まで遠くて来れない方のために、お買い得価格で正祥の器をご提供しようかと。。。
ただ思いついたのが2~3日前でしたから、いかんせん準備不足。
でもせっかくだからと閃いたのが、今年つくったお中元の器のおすそわけです。


                 <焼〆ビアマグセット>              <紫窯変砂金角皿>
d0138203_631827.jpg

                大・・・φ8.0cm、h14.5cm           21.5cm×21.5cm×3.5cm
                 小・・・φ7.5cm、h13.0cm
                     ¥7,600                       ¥8,000
                           (値段は市場価格です。ルートによって多少変動アリ)


<焼〆ビアマグセット>と<紫窯変角皿>をそれぞれお一人様にプレゼント~!
で、でもですね。送料はお客様ご負担ということで宜しくお願いします。

申し込み受付期間・・・7/23(金)~7/29(木)
当選者発表    ・・・7/31(土)
お申し込み方法  ・・・器名、ご住所、お名前、メールURLまたはブログタイトル名を明記の上、下記にお申し込み下さい。
              utuwa-seisyo@mail.goo.ne.jp (コメント欄でも可)

たぶん最初で最後の企画になると思いますので、ふるってご応募くださいねー。
[PR]
by utuwa-seisyo | 2010-07-23 06:56 | メッセージ | Comments(7)

料理と器のコラボ   < ふうたろうさんの巻 7月 > 

                「 はじめまして 富山のふうたろうです.
                  正祥窯さんとは 古くからお付き合いさせていただいています.
                  今回初めてモニターに応募しました.
                  つたない料理ばかりですが宜しくお願いします.
                  このお皿を選んだ理由は、
                  今までに使った事のない平らな面だったので 挑戦してみようと思いました.」

d0138203_10444490.jpg

                       第一作は蒸し暑い日に作った 冷や麦のサラダです.
                       トマト、紫の玉ねぎとパセリをマヨネーズで和えました.



d0138203_10451134.jpg

                                    出汁巻き卵



d0138203_10453550.jpg

                            オクラとトマトのコンソメゼリー寄せです. 
                           梅雨が明けて 富山は一気に35度です.
                          こういう喉通りのいい物は夏ばてに効きます.



ふうたろうさんとは長女(28歳)が生まれた頃からのお付き合いです。
その頃作者は某陶工房に勤めており、ふうたろうさんはその工房で陶壁に絵を描いておられました。
随分前に富山へ移られ、その地でアンティックドールの制作に励まれて今ではふうたろう教室を開かれています。
十数年前に古民家を買われたのですが、なんと部屋数は10以上。
そんなものですから「おわら風の盆」の数日は民宿状態です。(笑)
この古民家で来年あたり、<ふうたろう&正祥のコラボ展>を只今計画中。
はてさてどうなりますことやら。。。
それはさておいて、手先が器用なふうたろうさんはお人形の服だけでなく、
ご自身の服やアクセサリーまで手早く作ってしまわれます。
もちろんお料理も。。。
ただ少々あわてんぼう(あ~、救われます)。
信楽に帰省されるたびに我家へも立ち寄ってあれこれと器をお買い求め下さるのですが、
作者の旧作の器をほとんど割ってしまわれたとか・・・
きゃ~、なんてことー!
でも、さすが手慣れたものでふだんのお料理をさりげなく盛りつけして下さっています。



                               *お知らせです*
                                        モニターのpinupinuさん、実は今月下旬が出産予定で昨日無事に女児を出産されました。
                                        おめでとうございます~!!!
                                        大変なときのモニター、多少心配しておりますがとっても元気な方なのでなんとかいけると思います。
                                        来月末にはまた素敵な盛りつけを拝見できそうですから、皆さまもお楽しみに。

[PR]
by utuwa-seisyo | 2010-07-21 11:00 | 料理と器のコラボ<モニター> | Comments(0)

正祥の器に盛りつけ   (Mikaさんの巻・・・その6)

d0138203_6334061.jpg

                                 器・・・紫窯変角皿窯変デザートカップ銀化リム鉢銀化リム皿刷毛目丸鉢


作者の器をみごとに使いこなしてくださっているMikaさん
いい参考になります。
Mikaさん、いつもありがとう~!

                                                    「正祥窯うつわ展」・・・KOHARAオリジナルの器掲載中!
[PR]
by utuwa-seisyo | 2010-07-20 06:34 | 器と料理 | Comments(4)

正祥の器に盛りつけ   ( ひょうさんの巻 その2 )

モニター2期生のひょうさん、
長いことお待たせしたブログ限定品(窯変粉引6.5寸皿鉢)に、早速盛りつけして画像を送ってきてくださいました。


                               <塩麹アラビアータ>
d0138203_16541090.jpg

唐辛子の利いたトマトソースに旨味の塩麹。
まろやかになって、美味しかったことでしょうね。



                              <おひょいさんの豚丼>
d0138203_16544947.jpg

                    「豚バラを炒めて、細切りの長ネギ(無かったので玉ねぎ)を入れ、
                    酒、醤油、ビックリするくらいたっぷりのしょうがの絞り汁で味付け。。。
                    お砂糖が入らないけど、すっごくおいしいのです。」


紫窯変掛け分けどんぶりには、
某テレビ番組で藤村俊二さんが作られていた豚丼を盛りつけしてくださいました。
美味しそうですが、私はお肉をよけて頂くことにしますねー。


                                                      「正祥窯うつわ展」・・・10福岡見本市の器掲載中!
[PR]
by utuwa-seisyo | 2010-07-14 16:55 | 器と料理 | Comments(8)

料理と器のコラボ   <pinupinuさんの巻 7月 その3> 

pinupinuさん、今月第3弾です。


                  「めんつゆ&薬味入れ」として            桃
d0138203_685366.jpg
                       あっついお茶            母上自作の青梅の甘露煮


またまたバリエーション豊富な器使い。
我家でも酒器はめんつゆやソース入れとして重宝しております。
あっついお茶を酒盃でチビチビ飲むのも楽しそう~。
[PR]
by utuwa-seisyo | 2010-07-13 06:10 | 料理と器のコラボ<モニター> | Comments(10)

料理と器のコラボ   <MORIHANAさんの巻 7月>

料理と器のコラボ最終企画、お二人目は札幌のMORIHANAさんです。

d0138203_8461362.jpg


                             ●これらのうつわを選んだ理由


                       ブログ限定販売のうつわとして紹介された時から、
                       気になっていたうつわでした。
                       焼き締めの黒い肌に描かれた幾何学的な模様、
                       蓮の葉を想わせるフォルム。どこかエスニックな雰囲気を
                       漂わせるこのシリーズは、何も盛られていない状態でも、
                       こんな風に使ってみたいとアイディアが次々と
                       浮かんできました。そこで、頭に思い描いたイメージを
                       カタチにするべく、モニター用として提供していただいた
                       大皿に合わせて、同じシリーズのとり皿と紫窯変のカップ、
                       蕎麦猪口を購入しました。


                       第1回目は、夏から秋のもてなしのデザートとして、
                       ゲストに喜ばれている、自家製のナッツケーキを焼き、
                       カップにいれた紅茶とともに。焼き締めの土肌が、
                       シンプルなケーキの色をより香ばしくみせてくれました。


d0138203_847933.jpg



                                 ●自 己 紹 介


                   北海道・札幌を拠点に20年以上、フリーランスのライターとして
                   働いてきました。主に、暮らしや建築、旅をテーマに広告、雑誌などの
                   文章を書いています。夫と2人暮らし。ジュニア野菜ソムリエ。

                   昨年11月、これまでの仕事の集大成として、カメラマンである夫とともに、
                   書籍「北海道のうつわびと」(中西出版)を上梓。北の地でうつわづくりに
                   取り組む陶芸家、ガラス作家21組を訪ね、それぞれの作品とライフスタイル、
                   作家の食卓とうつわ、身近な使用例(盛り付け例)を紹介しています。

                   その書中で、札幌にあるうつわの店「青玄洞」の主、太田創さんに
                   プロの目線で「うつわ選びのポイント」を語るインタビューページを設けました。
                   その太田さんと親交のあった正祥窯さんが、私たちの「北海道のうつわびと」を
                   ブログでご紹介くださり、遠く離れた信楽と札幌で、新しいご縁が生まれました。

                   これまで、北海道生まれのうつわと食材を使い、さまざまな旬の食卓風景を、
                   書籍とブログで提案してきました。9月いっぱいまでの間、同じ目線で正祥窯さんの
                   うつわと北海道の旬の美味とのコラボレーションをお楽しみいただけたら…と考えています。
                   モニター期間となる7月から9月の北海道は、夏野菜の最盛期。
                   正祥窯さんのシックなうつわは、北の大地が育んだみずみずしい野菜や果実の魅力を
                   ぐっとひきたててくれることでしょう。

                   これからの3ヵ月、どうぞ、よろしくお付き合いください。


                   MORIHANA

                  「暮らしという旅」
                  http://morihana-2nd.blog.so-net.ne.jp/



MORIHANAさんからご応募があったときビックリしてしまいました。
縁とは本当に不思議なものですね。
これからの3ヶ月、ブログをご覧の皆さまも北海道の美味を目で味わってください。
[PR]
by utuwa-seisyo | 2010-07-10 09:07 | 料理と器のコラボ<モニター> | Comments(5)

料理と器のコラボ   <pinupinuさんの巻 7月 その2> 

d0138203_17504656.jpg
          pinupinuさん、7月の第2弾はピーチティーです。

          こういう発想はいったいどこから。。。
          酒器が場所を得た!と誇らしげにしているようです。
          はてさて次の器使いは~?!
[PR]
by utuwa-seisyo | 2010-07-09 18:00 | 料理と器のコラボ<モニター> | Comments(4)

料理と器のコラボ   < pinupinuさんの巻 7月 > 

昨日(7/1)、pinupinuさんが早速ブログアップしてくださいました。
まずは序章といった感じで、紫窯変酒器セットの紹介とフルーツボールとして使ってくださった一品です。


d0138203_6281026.jpg
    ・器を選んだ理由
    「もちろんお酒を楽しむための素敵な器、
    ですが、それだけじゃもったいない!!
    美味しいお茶をちょっと楽しむ器として、
    お菓子の器として、お料理の器として、
    ぜひいろんな器として楽しみたいなと思い、この器を希望しました。」


d0138203_6285734.jpg




     実家のお母様から送られてきたブルーベリー、
      同系色にまとめられてセンス抜群です。




・自己紹介
「夏には今でもホタルが見られる長閑な田舎で育ち、
自家製の美味しい野菜や果物、お米を食べて育っているので、
<ほんとうに美味しいものを食べること>が大好きな28歳です。

趣味は、お料理、洋裁、書道、水泳、スノーボード、旅行など。
中でもお料理・お菓子作りと並んで大好きなのが旅行。
大学に入学してからは毎年海外へ、
これまで旅した国は20カ国。
何度訪れても魅力的で、すべてが素敵なヨーロッパの国々、
満天の星空の下、毛布にくるまって年を越した感激のサハラ砂漠、
海外に行きたい!、で翌日発のチケットを手配し訪れたタイ、
手作りのウエディングドレスで式を挙げたラスベガス、
海外旅行は私の元気の源です。

大学卒業後、幼稚園教諭を経て絵本関係の仕事に携わり、渡米。
現在は名古屋にて、大好きなお料理やお菓子作り、パン作り、
それから、ちくちく針仕事を楽しむ日々です。」


こんな素敵なpinupinuさんのブログはこちらから → 『美味しい空間、しあわせ時間
[PR]
by utuwa-seisyo | 2010-07-02 06:33 | 料理と器のコラボ<モニター> | Comments(6)