ぎゃらりぃ 日月

<   2010年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

通販 ≪ブログ限定品・・・焼〆金彩輪花皿≫

                                                          
ブログで通販を!と口にしてからほぼ一年、やっと現実のものとなりました。
今回は一種類5サイズだけですが、追々増やしていきたいと考えています。


             <小皿>          <取り皿>             <中皿>
d0138203_11114186.jpg
         φ10.0cm,h2.0cm    φ15.0cm、h2.5cm       φ20.0cm、h3.0cm
             ¥1,600          ¥2,400              ¥3,600
                     

                    <盛り皿>                  <大皿>
d0138203_11122866.jpg
                 φ25.0cm、h4.0cm             φ29.0cm、h4.5cm
                    ¥5,800                   ¥9,200
                     

数はご用意しておりますが、限りがありますのでお早目のご注文を!
品切れの場合は予約注文となり、注文されてから1ヶ月以上お待ちいただくことになるかもしれません。
また、手作り(たたら制作)ですので形が多少ことなることがありますがご容赦下さい。


<小皿アップ>   <大皿アップ>   <重ね合わせ>   <盛り皿アップと盛り付け>

<中皿に盛り付け>   <小皿に盛り付け>

ご注文方法
[PR]
by utuwa-seisyo | 2010-02-28 09:20 | Comments(3)

料理と器のコラボ   <銀化楕円リム鉢を使って・・・りーるさんの場合 2月>

最終盛り付けをして下さるりーるさんの自己紹介と抱負、ご紹介しますね。

「いつまで経っても<お料理一年生>の兼業主婦です。
大好きなうつわを使いこなすべく日々(というよりは時々)修行中。
申し込んでおきながら、今更かなりプレッシャーを受けてます。
頑張って取り組みたいと思っています。
よろしくお願いします。」


<お料理一年生>とご本人は仰っておられますが、
何が何が、なかなかお上手です。
それにうつわを生かした盛り付けがまた素敵なんです。
盛り付ける量もいい按配ですし、色合いもマッチしています。


そんなりーるさんのブログはこちらから → 「日日是好日



d0138203_8594561.jpg













      お料理名(左上から時計回りに)
          湯豆腐キムチだれ
          雪の降る日につくったおでん
          パプリカのごま和え
          花畑牧場のバルーンプリン・マンゴーソース
          もつ煮

[PR]
by utuwa-seisyo | 2010-02-28 09:01 | 料理と器のコラボ<モニター> | Comments(2)

料理と器のコラボ   <焼〆切立鉢を使って・・・えらままんさんの場合 2月 その2>

えらままんさんの自己紹介と抱負は前回(2/6)ご紹介致しましたので、さっそく盛り付けを拝見することにしましょう。

d0138203_16211354.jpg
   サーモンの黒ゴマパン粉焼き     柿の種チョコ          おやつミニ春巻き          梅きゅー
                                           (あんこ&お餅入り)

とってもお忙しいえらままんさん。
お料理の盛り付けが少なめだと御本人は恐縮しておりましたが、なんのなんの充分でございます。
それに器のそばにはお花を添えてくださっており、これが出来そうでなかなか出来ない。
やっぱり食卓にお花があると優雅な感じしますよねー。こうした心意気は是非真似たいものです。
我家では誕生日か母の日ぐらいでしょうか・・・

サーモンも梅きゅーも私には酒の肴、旨そう~。
柿の種チョコは未体験です。ちょこっとつまんでみたいような・・・
おやつミニ春巻き、ご本人もブログに書き込まれていましたが中身、見たかったですねー。(残念!)

面白トーク付きのえらままんさんのブログはこちらから → 「えらままんのいとしい器(しと)」
[PR]
by utuwa-seisyo | 2010-02-23 16:23 | 料理と器のコラボ<モニター> | Comments(4)

料理と器のコラボ   <銀化楕円リム鉢を使って・・・かざはなさん 2月>

群馬県にお住まいのかざはなさんの自己紹介と抱負、ご紹介しますね。

「今年はついに年女になってしまいました。
小学生と保育園に通う子供が二人おります。自身もフルタイム勤務しております。
最近、下の子の手もだんだん掛からなくなってきたのでちょっぴり気持ちに余裕ができ、
以前から好きだった器への興味を再開といった感じです。

器の盛り付けに関しては青葉マークです。
お料理も凝ったものは作れませんので普段通りに行きたいと思います。
今までの普段の盛り付けと正祥窯様の器に盛った違いを感じ取れ自身も成長したいです。
ドキドキ半分、ワクワク半分の気持ちです。」

年女ということは、36歳でしょうか。
下のこの手も離れ、また何かに再チャレンジしたくなる頃ですよね。
これがきっかけとなって拡がっていけば、私もうれしいな。

かざはなさんの一品目は、地元名産の下仁田ネギを使っての盛り付けです。

                                  <ねぎ焼>
d0138203_961980.jpg

                 「群馬県下仁田地区で収穫される下仁田ねぎ。太さは4cmほどあります。
                 生では辛くて食べられないのですが加熱するととろける様に甘くおいしくなります。
                 鍋に入れることが多いのですが、焼いてみました。
                 器を見たときに一番に思いついたお料理です。」

おいしそう~、お酒の肴にうれしい一品です。
下仁田ねぎは私も大好きで、生協のカタログに載ったときは必ず注文しています。
もっぱら鍋に使っていましたが、今度この焼きもやってみることにします。

                                <ねぎ焼きの日の食卓>
d0138203_9125263.jpg

メインのお皿には、めかじきのソテー、コロコロサラダ、ジャガイモのローズマリー炒めが盛り付けられています。
上品でとってもオシャレです。


                                   <ゆずゼリー>
d0138203_9212714.jpg

                      「こちらも器を見てすぐに思い浮かんだデザートです。
                       ご近所さんからいただいたゆずで作ってみました。」


                                    <水餃子>
d0138203_925569.jpg

                      「主人の誕生日でリクエストメニュー。
                      皮から手作りして、家族でワイワイお話しながら包みました。
                      芽キャベツも一緒にいただきました。」


                                 <水餃子の日の食卓>
d0138203_929826.jpg
                                     (粉引角鉢・・・堂本正樹、窯変輪花小鉢・・・富田正祥)

さすがすぐに思い浮かんだとあってゆずゼリーと器、絶妙です。
水餃子は芽キャベツが添えられ、これまた調和がとれていて素敵です。
なかなか皮まで手がまわりませんが、とくに水餃子は手作りだともちもちっとして美味しいですよね。
家族のイベントとしてもってこいのお料理です。
[PR]
by utuwa-seisyo | 2010-02-16 09:44 | 料理と器のコラボ<モニター> | Comments(6)

料理と器のコラボ   <焼〆切立鉢を使って・・・mikuさんの場合 2月>

横浜でパン教室をされているmikuさんの自己紹介と抱負をご紹介いたします。

自己紹介
「昭和32年鹿児島生まれの52歳です! (年取ってます!!)
結婚して27年。24歳の娘と22歳の息子がおります。 (あ・・・旦那もひとり)
結婚前は鹿児島で栄養士をしており、25歳で横浜に参りました。
さつま焼の 沈壽官さん (先代) の作品が大好きでした。
窯元を訪問した際にお話させていただき、身体も大きく 包み込むような声やお人柄に尊敬を覚えたものでした。

子育ての最中は 専業主婦で、40歳から大手パン教室の講師を約5年。平行して自宅にパン教室を開いて13年になります。
規模は小さいので (一般公募はせず、口コミだけで続けています) おばちゃん宅でパン焼いて・ご飯食べて帰ってきた~
みたいな、ゆるーいお教室です。

うつわに興味はあったものの、若い頃は洋食器に目がいき、益子・笠間・信楽・京都(丹波)・金沢などに行き始めてから、
土ものに惹かれるようになりました。まだまだ数はありません。
作者さまとお会いしてお話しながらうつわとの出会いをたいせつに出来ればな~と思っています。」

抱負
「ままんさんやみかさん、1回目のモニターの皆さまのお写真を見せていただくと とても素敵で・・・。
自分の料理 (特にパン) を乗せたらどんな風になるのかな!?というのが 応募の動機でした。
自分なりに ”うつわ遊び”が出来れば 嬉しいです。」


いいですね。口コミだけのゆるーいパン教室。
ではmikuさんのうつわ遊び、拝見することにしましょう。
まずはパン編からです。

        クロワッサン               クロッカン          ブリオッシュ
d0138203_7212679.jpg

この器小さめですのでパンをのせること自体至難の技。
そこでmikuさんは、小さな小さなクロワッサンを作ってくださいました。
3種類それぞれの持ち味を生かしたうつわ遊び、素敵ですね。
この他にも遊んでおられますのでmikuさんのブログで楽しんでください。


次はお料理編です。

        鶏の唐揚げ              粕漬け銀たら焼             鶏ささ身の刺身
d0138203_7294587.jpg

お料理編ですが、ご飯ものからデザートまで幅広くうつわ遊びをしてくださっています。
どれもこれもmikuさんの愛が込められていて、実に美味しそうですよ。
ぜひご覧になってくださいね。

mikuさんのブログ 「PAN!DO!SEE!」 → パン編お料理編


*ブログをお持ちのモニターさんのご紹介の場合、画像は一部抜粋で小さめのアップになります。
[PR]
by utuwa-seisyo | 2010-02-10 07:43 | 料理と器のコラボ<モニター> | Comments(8)

この頃の作者。。。

紫窯変の色目が窯を調節してもどうしても出ないので、土を変えて試験をはじめた作者。

それと並行してこの頃は、ブログ限定品と長女の結婚式の引き出物づくりに励んでおります。
(去年の10月に結婚したのですが、夫の仕事の都合で式は4月です。)

限定品の方は、以前お約束しました焼〆金彩輪花皿です。

色々とお好みの大きさがおありになるかと思い、小~大まで5サイズつくっております。

おそらく今月中にブログアップ出来るのでは!

また引き出物の方は、長女のリクエストに応えて独身用と家族用の2種類を制作中です。

私が言うのもなんですが、

いいですよねー、父親に引き出物を作ってもらえるだなんて。。。

ということで、この頃の作者は久しぶりに穏やかに仕事をしております。

                                                   「正祥窯うつわ展」・・・08新作<セレクト>の器掲載中!
[PR]
by utuwa-seisyo | 2010-02-09 07:38 | 未分類 | Comments(4)

料理と器のコラボ   <焼〆切立鉢を使って・・・えらままんさんの場合 2月>

皆さんよくご存知のえらままんさんのご登場です。
ご紹介するまでもないと思いますが、ご本人よる自己紹介と抱負です。

「えらままんと申します。
はっきり言ってお料理は苦手であんまり好きではありません。
ですがとにかく器が好きで好きで、集めだして15年以上はたっています。
集めた器をなんとか生かすべく日々必死で料理を作っております。
最近は正祥窯様の器にほれ込んでいて日々愛用させていただいています。

今回、モニター企画に挑戦させていただくことになり緊張している上に何せ料理下手
(と言いますか平凡なものしか作れません)ですが、
3ヶ月間頑張りますのでよろしくお願いいたします。」


すごいですね。
料理は苦手でも器が好きだからそれを生かすべく日々精進しておられるだなんて・・・
まさしく好きこそものの上手なれ!でございます。

d0138203_10291344.jpg
ブログ記事には節分の日の食卓がアップされております。
この日のメインはサラダ巻きとネギトロ巻き。
焼〆切立鉢にはネギトロを盛り付けてくださいました。

また器そのものも大アップで紹介してくださっておりますので、ぜひご一覧を!

   えらままんさんのブログ → 「えらままんのいとしい器(しと)」


今回のえらままんさんの記事アップは、モニターの器のお披露目のようなものです。
お料理の盛り付けはあらためてアップしてくださいますので、お楽しみに!
[PR]
by utuwa-seisyo | 2010-02-06 10:39 | 料理と器のコラボ<モニター> | Comments(5)

料理と器のコラボ  <銀化楕円リム鉢を使って・・・ひょうさんの場合 2月 その2>

                              <牡蠣のにんにくバター醤油>
d0138203_701343.jpg



                                <菜の花の辛子和え>
d0138203_72082.jpg



                               <ささ身と舞茸の卵とじ>
d0138203_744213.jpg



                                 <ゆず大根甘酢>
d0138203_753780.jpg



                                 <明太子豆腐>
d0138203_765970.jpg



                              <明太子豆腐の日の食卓>
d0138203_795642.jpg
                                    (肉巻きもやしの皿・・・中御門雅弘、小皿・・・イムサエム) 

私の大好きなお惣菜風お料理が軒並み~、嬉しくなってしまいます。
ゆず大根甘酢と器の組み合わせ、きれいですね。
お料理上手なひょうさんですが、
写真はカメラを買ったばかりのまったくの初心者とのことです。
「もっと修行します!」とはご本人の弁。

光の加減やカメラの角度で器の色や形も違って見えますが、
最初(昨日)のお茶の時間の画像が一番実物に近いと思います。

お料理写真って、ホント難しいですよね。
お料理をメインに撮るのであればなんとかなっても、器もちゃんと撮ろうとするとよけいに。。。
初心者でこれだけ撮れればりっぱなものだと私は思いますよ~。
[PR]
by utuwa-seisyo | 2010-02-05 07:12 | 料理と器のコラボ<モニター> | Comments(4)

料理と器のコラボ  <銀化楕円リム鉢を使って・・・ひょうさんの場合 2月>

第2弾の料理と器のコラボ、トップバッターは銀化楕円リム鉢を使ってくださる<ひょうさん>です。

事前に自己紹介と抱負を伺っておりますので、ご紹介しますね。
「作家さんの器は若い頃から20年近く集めております。年齢は40代です。
荒木義隆さんや中川自然坊さん、イムサエムさん、最近は奥田章さん堂本さん、余宮隆さんなど。
以前購入していた器のお店は、誰々作をあまり表に出していなかったので(すべて作家作品)、
どなたが作られたのかわからないものも多数あります。
他は昔の伊万里の染付けたち。
すべて日常使いのものですので、特別高級なものはありません。

お料理は好きですが、本当に自己流です。
関連する仕事についたこともありません。
テーブルセッティングなどもまったく習っておりません。
こんな私でお役に立てるかどうか・・・
できるだけ頑張ります。」

なかなか趣味の良さそうなひょうさん。
最初の盛り付けは。。。

d0138203_6465563.jpg
                                器が届いたその日、
                     まずはお茶の時間に水ようかんを盛り付けしてくださいました。
                                                (刷毛目湯飲み茶碗・・・中川自然坊)


d0138203_6512832.jpg
                              翌朝はスープを入れて。。。
                                                         (粉引皿・・・佐藤修)

いいですねー、思いついたものから試してみる。これが大事なんだと思います。

それで一番最初に思い浮かんだお料理が<蕪の海老あん煮>だったとのこと。
d0138203_6545943.jpg
                                 おいしそうですね。
                          海老の色がこの器を引き立ててくれています。

                             ちなみにこの日の食卓風景は。。。
d0138203_6584643.jpg
                           いい器をお使いになっておられます。
                                           (角皿・・・中川自然坊、 鳩口の皿・・・荒木義隆)

あと5品お料理はありますが、明日に続きます。

                                                    
[PR]
by utuwa-seisyo | 2010-02-04 07:03 | 料理と器のコラボ<モニター> | Comments(2)

正祥窯の器に盛り付けされた料理 (娘たちの巻・・・その4)

d0138203_7384991.jpg

            小あじの南蛮漬け・・・紫窯変銀彩リム鉢
            卵焼き・・・紫窯変貫入長角皿
            ささ身と小松菜の胡麻和え(胡麻油風味)・・・光彩紅化粧四方鉢
            春キャベツのポトフ・・・刷毛目楕円鉢

「小あじ1パック60円やってん。めっちゃ安いやろ。」と、うれしそうな長女。
食べることもお料理も大好きな様子です。
でも、お掃除はちょっと苦手。

一方次女は、お掃除大好きのきれい好き。
でもお料理は作らなくて済むものならそれにこしたことはない、といったタイプ。
もちろんちゃんと作ってますけどね。

姉妹で正反対。面白いなぁ~。
[PR]
by utuwa-seisyo | 2010-02-01 07:53 | 器と料理 | Comments(0)