ぎゃらりぃ 日月

<   2008年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧

正祥窯のうつわに盛り付けされた料理 (その2)

先日の陶器市の時のことです。

少し小柄な女性が窯変粉引鉢を手に取られ、
いとおしむように見つめておられました。
大事そうに扱われるその手のしぐさに目を引かれた私は
思わずその女性を見入ってしまいました。

その時「えらままんです」と自ら名を名乗ってくださり、
納得した私。(ちらほらと相互コメントしてました)

ままんさんの器コレクション、
荒木義隆さんに始まり、今は奥田章さんに夢中です。

そんな彼女が、窯変粉引鉢に料理を盛り付けて
ブログにUPして下さいました。
とても素敵に盛り付けられておりますので、
宜しければご覧になって下さい。

「えらままんのいとしい器(しと)」
[PR]
by utuwa-seisyo | 2008-10-30 09:13 | 器と料理 | Comments(4)

正祥窯のうつわに盛り付けされた料理

今日、料理人の森田さんからコメントが入りました。

記事の内容は篠原陶房さんのことですが、

最下段に正祥窯の灰釉銀化リム皿にお料理が盛り付けられた写真が載っています。

興味のある方は、↓ をクリックしてご覧になって下さい。

森田龍彦さんのブログ
「おおさか食文化研究所」
[PR]
by utuwa-seisyo | 2008-10-28 16:03 | 器と料理 | Comments(2)

掛け分け長皿   40cm×8cm×4.5cm

d0138203_1075811.jpg
d0138203_1081241.jpg
                                                     <小原商店>
ろくろだけでなく、タタラにも定評のある作者の長皿です。
40cmありますから和のテイストだけでなく、
洋からデザートまで結構幅広い使い方が可能だと思います。
[PR]
by utuwa-seisyo | 2008-10-27 10:12 | 正祥もの | Comments(2)

炭化ぐい呑み (新作)   口径7cm、高さ6cm

d0138203_11352993.jpg
d0138203_11354144.jpg
                        めずらしい磁器土の炭化ぐい呑みです。
                        きれいな白い色をわざわざ煤(すす)色にしなくても良さそうなものですが・・・。

                        写真では分かりづらいかもしれませんが、
                        薄墨(うすずみ)色から煤色、燻(ふすべ)色へと変化に富んでおり、
                        まるで水墨画を見るような濃淡になっています。
                        また白も少し緋(ひ)色ががったとろがあり、
                        遠めにはそこが薄っすらとしたピンクに見えます。

                        実物をお見せできないのが実に残念です。
[PR]
by utuwa-seisyo | 2008-10-23 11:54 | 正祥もの | Comments(10)

堂本 正樹 「陶展」      <陶夢>

d0138203_1024635.jpgd0138203_103121.jpgd0138203_1031746.jpg


d0138203_1044327.jpgd0138203_1045726.jpgd0138203_1051281.jpg


d0138203_1054950.jpgd0138203_106351.jpgd0138203_1061753.jpgd0138203_1063215.jpg


d0138203_1075266.jpgd0138203_108664.jpgd0138203_108215.jpg


d0138203_1093166.jpgd0138203_1094913.jpgd0138203_1010215.jpg


d0138203_10104414.jpgとってもカワイイ受付嬢に迎えられた、堂本さんの個展。

土味を活かした炭化と粉引きの白とがバランスよく配置されていました。

ひとつひとつに存在感があり、浮ついたところがないので安心してゆっくり見ることができます。

また一人、楽しみな作家さんが増えました。

Shop&Gallery 陶夢 2008.10.9[木]ー10.28[火] 10:00~17:00 水曜休廊


御本人のブログ・・・「堂本陶工房 日記」

堂本さん情報・・・Mika's Selection

堂本さんのお顔を拝見したい方は、当ブログ前々回をご覧になってください。
[PR]
by utuwa-seisyo | 2008-10-18 10:23 | 行ってきました 見てきました | Comments(4)

2008. 信楽 秋の陶器市、人と作品   <最終回>

小田洋平さん

d0138203_821855.jpgd0138203_823665.jpgd0138203_825379.jpg
         (今回、初出店です。)


陶工房「滋・風花」さん

d0138203_845035.jpgd0138203_85580.jpgd0138203_852872.jpg

d0138203_86745.jpgd0138203_862322.jpgd0138203_863947.jpg


富田正 (正祥窯)

d0138203_874865.jpgd0138203_88579.jpgd0138203_882244.jpg


まだまだ多くの作家さんをご紹介したいのですが、今回はこれにて終了です。
また来年の春の陶器市のときにご紹介いたします。
でも、出来れば実物を手にとって、直接作家の方とお話されることが一番だと思います。
なるべく早めに情報を掲載いたしますので、来年の春は是非!足を運んでみてください。
お待ちしております。
[PR]
by utuwa-seisyo | 2008-10-17 08:24 | 陶器市 人と作品 | Comments(8)

2008. 信楽 秋の陶器市、人と作品   <その3>

福田英明さん(草土)

d0138203_759349.jpgd0138203_7595450.jpgd0138203_801569.jpg
         (アルバイト中のMikaさん)


八木橋昇さん

d0138203_822547.jpgd0138203_824498.jpgd0138203_83188.jpg
         (とってもシャイな方で顔写真はありません。)


奥川祐二さん

d0138203_845118.jpgd0138203_8562.jpgd0138203_852010.jpg


堂本正樹さん

d0138203_875057.jpgd0138203_88695.jpgd0138203_882432.jpg
         (只今信楽の『陶夢』さんで初個展開催中)・・・個展の様子、18日土曜日に掲載予定です。
[PR]
by utuwa-seisyo | 2008-10-16 08:10 | 陶器市 人と作品 | Comments(0)

2008. 信楽 秋の陶器市、 人と作品   <その2>

広川みのりさん (れいさい工房)

d0138203_9444688.jpgd0138203_945091.jpgd0138203_9451534.jpg


藤本秀さん

d0138203_9463234.jpgd0138203_9464857.jpgd0138203_947281.jpg


村木幹也さん

d0138203_9484261.jpgd0138203_9485759.jpgd0138203_9491011.jpg


中根啓さん (八風窯)

d0138203_9504774.jpgd0138203_951110.jpgd0138203_9511539.jpg
  (奥様の里美さん)
[PR]
by utuwa-seisyo | 2008-10-15 09:52 | 陶器市 人と作品 | Comments(0)

2008. 信楽 秋の陶器市、 人と作品   <その1>

d0138203_16344681.jpg梶村修身さん

d0138203_16374836.jpg杉本和明さん

d0138203_16384323.jpg大友辰男さん
d0138203_16401223.jpg川越紀宏さん(紫雲窯)

[PR]
by utuwa-seisyo | 2008-10-14 16:43 | 陶器市 人と作品 | Comments(6)

2008. 信楽 秋の陶器市、 無事終了

d0138203_8531486.jpg初日の午前中は雨がパラつきましたが、あとはお天気に恵まれた3日間でした。

遠方からおいでの皆様、本当にお疲れ様でした。

お買い上げ戴いた皆様、ありがとうございました。

ブログで知り合った何人かの人と出会えたこと。(ドキドキ)

若い陶芸家さんと語り合えたこと。(ワクワク)

正祥窯にとって、今回の陶器市は今までにない収穫があり楽しいものとなりました。


秋の陶器市の様子、写真編集が終了次第掲載していきますので、今しばらくお待ちください。


d0138203_910262.jpgd0138203_9105898.jpg

[PR]
by utuwa-seisyo | 2008-10-14 09:17 | メッセージ | Comments(0)