ぎゃらりぃ 日月

カテゴリ:縁(えにし)( 35 )

森 利光さん     <陶芸家>   vol.1

d0138203_8564148.jpgメディア嫌いの森さん、顔写真なしという条件付でブログ掲載を承諾してくださいました。

実はこの方、歳は作者よりも若干お若いのですが、陶芸においては大先輩であり、作者富田正の

お師匠さん的存在であります。

信楽から西へ車で30分程の大津市大石に、森利光さんの自宅兼工房はあります。

d0138203_955572.jpg目の前を瀬田川が流れ、川沿いには遊歩道があり、その歩道から山まで毎日森さんは3キロほど

ウォーキングをします。

また自宅横には畑があり、家の西南には日よけ用にゴーやが植えられていました。

独身の森さん、健康を維持するための管理を怠ることはありません。

d0138203_913452.jpgなんといっても周りに家はなく、何かあった時は人知れず・・・ということになりかねませんから

ね。

まぁ前置きはこのぐらいにして、森さんの作品を年代を追って紹介していきます。

d0138203_9193517.jpg昭和26(1951)年、京都で生まれた森さんは、高校を卒業後京都府立陶工訓練校に

入り、1年間轆轤の技術習得に励みます。

卒業後、宇治市炭山の荒木義隆氏に師事し、5年間の修行を積み、その後2年あまり


d0138203_9291867.jpg全国津々浦々(北は北海道、南は屋久島)と各地の窯を見ながらの修行。

そして昭和52(1977)年、信楽の某製陶所にろくろ師として入社するのですが、ここで森さんと

作者は出会うことになる訳です。(ついでに私もです)

     <写真は上から順番に、45歳・40歳・35歳・50歳・55歳の作品です。>


d0138203_9444590.jpg

これは、勤務終了後に創っていたものです。
大まかな形が出来ると、作品を部屋に持って入り、お酒片手に愛しむように細かな作業をしていました。
「これは何?」と聞くと「森羅万象」と答えられ「ふ~ん、森羅万象かー。」
と、わかったようなわからないような・・・・・。
ただ、つくっていたときのエネルギーのすごさ(本人も作品も)は感じられました。

(この時、森さんは26歳、作者は28歳、私は19歳。 あー、若かったなあ~。)      つづく
[PR]
by utuwa-seisyo | 2008-05-15 10:02 | 縁(えにし) | Comments(0)

信楽でゆったりとした時を満喫     <山田牧場>

d0138203_862280.jpg

d0138203_865598.jpgd0138203_871449.jpgd0138203_874257.jpgd0138203_88019.jpg

d0138203_810226.jpgヤギの子が生まれたと聞き、
探してみましたが見つかりませんでした。
(残念)


                 仕事中にすみません。
               働き者の佐藤あやさんです。


d0138203_8142087.jpgd0138203_8143686.jpg
新牛舎に向かう途中でお休み処を発見。

製作者の高橋一幸さんです。

ここから眺める茜雲は最高とのことです。


d0138203_8192080.jpgd0138203_819506.jpgd0138203_8201199.jpgd0138203_8203314.jpgd0138203_8205469.jpg






               何かいわくありげな部屋が・・・・・


d0138203_8305470.jpgd0138203_8311161.jpg
クラシックの

  ながれる

    新牛舎


山田保高(やすたか)さん
d0138203_833459.jpg経営者の保高さんは山田牧場を別名
「道草ファーム」「駆け込み牧場」と呼んでいます。
理由をお尋ねすると
「牛に眺められてください」
「困った人が来てくれたら食事代無料でこき使います」
とのことでした。

夜絵さんに
何かアピールしたいことありますか?
と伺えば

奥さんの夜絵(やえ)さんd0138203_845990.jpg  「そうねぇー、車椅子で入れるトイレが二ヶ所あって、その一つにはシャンデリアがついてるのよ。」
「あとね、新牛舎にはいろんな部屋があって。。。。。」
とおっしゃるので何ヶ所か写したのですが
手振れで掲載できなかった場所もあります。
(ごめんなさい)


                       おいしい牛乳や乳製品、
                       諸施設やアクセスなど
                       詳しくはリンク欄を参照して下さい。
[PR]
by utuwa-seisyo | 2008-04-25 09:00 | 縁(えにし) | Comments(0)

信楽の桜はこれからが本番ですよ!   (ペンション紫香楽)

d0138203_1014190.jpgd0138203_102928.jpg












     桜並木の通りに面して建つ

     ペンション紫香楽






d0138203_1071825.jpgd0138203_1074456.jpg







d0138203_108897.jpg
               81歳になられる「こはる」さん。
               信楽の生き字引的存在の名物おばあさんです。

桜の見ごろは今週末といったところでしょうか。
でも今日はかなり暖かくなりそうなので、もしかしたら一気に開花してしまうかも・・・。

花見をし損ねた方や信楽陶器市(詳細は後日掲載)においでの方など
ペンション紫香楽では、コテージもありますので小さなお子様連れでも気兼ねなしにご利用して頂けると思います。

詳細はリンク欄、ペンション紫香楽をクリックして下さい。
[PR]
by utuwa-seisyo | 2008-04-09 10:26 | 縁(えにし) | Comments(0)

ギャラリーkohara  (小原 康裕氏)

                    駅前通側玄関
d0138203_91511.jpg

d0138203_914290.jpg
          Jazzが流れる

          ゆったりとした

          スペース

                                        
                                    

 2階ギャラリーへ                                               


d0138203_920376.jpgd0138203_9212412.jpg
d0138203_9214151.jpg



正祥窯のコーナー                         307号線沿い側の玄関
d0138203_9233782.jpgd0138203_9235319.jpg













ギャラリーkoharaは、丸要小原商店の3代目小原康裕氏がオーナーの
元を辿れば鎌倉時代にまで遡る、超老舗です。
店内には個性的な器が数多く並び、また2階のギャラリーでは常時個展が開催されています。

オーナーの小原氏は陶芸家でもあり、
2年に1度ニューヨークで個展をされています。
その様子は、こちら

窯にまかせるのではなく、
薪窯(穴窯)を焚くことの意志を感じさせてくれる作品の数々です。
灰釉の絶妙なたまり具合や灰かぶりによる景色など、
窯を知り尽くした小原氏ならではの巧みな技の結集と言えましょう。                                      
[PR]
by utuwa-seisyo | 2008-03-30 09:49 | 縁(えにし) | Comments(0)

堀 弘行さん (板金職人)

d0138203_8351436.jpg


d0138203_8363517.jpg


d0138203_8373320.jpg

堀さんの工房兼作業場は、信楽から車で30分程南へ下った山あいの集落にあります。
趣味で陶芸をされているのですが、その域を超え、なんと穴窯まで自分で造ってしまうのです。
さすがに職人さんだけあって、とても器用な堀さんは、さいきんは煤竹のお箸作りに凝っておられ、今回その工程を垣間見てきました。
d0138203_8465085.jpg


d0138203_848024.jpg


d0138203_8484615.jpg

<煤竹お箸づくりの工程>
まず調達した煤竹を熱湯で洗い、乾燥させる。
次に乾燥した煤竹を鉈で割ってから、荒削りをする。
最後に曲がりの調整をして仕上げの削りをすると、完成です。

暖かい薪ストーブのそばで、なんとも楽しげに作る煤竹のお箸の数はすでに100膳を超えたとのことです。
軽くて使いやすい、良いお箸ですよ。


〒619-1204  京都府相楽郡和束町門前谷11
Fax  0744-78-3682

「窯焚きの様子」
「窯出し後の様子」
[PR]
by utuwa-seisyo | 2008-02-11 09:06 | 縁(えにし) | Comments(0)