ぎゃらりぃ 日月

カテゴリ:ひとつの作品が出来るまで( 31 )

ひとつの作品が出来上がるまでの工程 <5日目・・・窯だし、仕上げ>

<窯だし>
生素地の時よりも15%程小さくなった器を窯だしする
d0138203_11154374.jpgd0138203_1116163.jpg




















<仕上げ>
もみ殻を落とし、ペーパーをかけ仕上げる
d0138203_1118071.jpgd0138203_11181772.jpg















                     出来上がり                               
d0138203_11195155.jpg
 
                             灰釉銀化リム鉢(φ20㎝)
d0138203_1455397.jpg

[PR]
by utuwa-seisyo | 2008-04-04 11:24 | ひとつの作品が出来るまで | Comments(0)

ひとつの作品が出来上がるまでの工程 <4日目・・・釉吹きつけ、窯詰め>

<釉吹きつけ>
素焼きした素地に撥水剤を筆で塗り、
d0138203_8314037.jpgd0138203_832365.jpg












霧吹で灰釉を吹きつける
d0138203_8344424.jpgd0138203_835317.jpg












表に返して灰釉が中にかからないようにフタをする
d0138203_8395420.jpgd0138203_8401536.jpg












撥水剤の上に付いた灰を落としてから、もみ殻を入れる
d0138203_8425775.jpgd0138203_8431453.jpg












<窯詰め>
隙間に小物を入れる                        高さ調整のため浅めの皿を入れる
d0138203_8453913.jpgd0138203_8455888.jpg





















この後、還元炭化焼成(約18時間)
[PR]
by utuwa-seisyo | 2008-04-02 08:51 | ひとつの作品が出来るまで | Comments(0)

ひとつの作品が出来るまでの工程 <3日目・・・削り>

トースカンで高さを決める                      馬かきで決めた高さの所まで一気に削る
d0138203_10504213.jpgd0138203_1051664.jpg













カンナで削る                               カキベラで高台を出していく
d0138203_10531991.jpgd0138203_10533635.jpg













土かき丸ベラで厚みのある部分を削り落とす           指で厚み加減を探る                     d0138203_10555814.jpgd0138203_1059832.jpg













カキベラで高台内側を削りだす                    なめし皮できれいにする
d0138203_1132235.jpgd0138203_113421.jpg













*お詫び
お気付きの方もおられると思いますが、前回の轆轤引きの皿と今回の器は異なります。
私が少し出遅れたため、作者はあのお皿をすでに削り終えていました。
パターンは変わらないので、今後はこのリム鉢を追いかけていきます。
[PR]
by utuwa-seisyo | 2008-03-28 11:14 | ひとつの作品が出来るまで | Comments(0)

ひとつの作品が出来るまでの工程 <2日目・・・菊もみ、轆轤引き>

<菊もみ>
              粘土の中の空気を抜くためおよび硬さを均一にするために菊もみをする
d0138203_7595616.jpgd0138203_80167.jpg













                            練り上げた粘土を轆轤に据える
d0138203_813548.jpgd0138203_815424.jpg













<轆轤引き>
              作品を作る時にぶれないようにするため、粘土を上げ下げして芯をとる
d0138203_834682.jpgd0138203_84661.jpg
d0138203_842991.jpg

                         作品の大きさに応じて玉とりをする
d0138203_865277.jpgd0138203_871280.jpg













                        3回ぐらいに分けて伸ばし、皿の形にしていく
d0138203_893714.jpgd0138203_895765.jpg
d0138203_8101570.jpg

                        大きさを揃えるためにトンボを合わせる
d0138203_8115863.jpg

                        形を整えるためにコテを使って成形する
d0138203_8141226.jpgd0138203_8143229.jpg













                       
                       シッピキでできた皿を引き離し、出来上がり
d0138203_817716.jpgd0138203_8172541.jpg
[PR]
by utuwa-seisyo | 2008-03-26 08:20 | ひとつの作品が出来るまで | Comments(2)

ひとつの作品が出来るまでの工程 <1日目・・・土合わせ、土練り>

                         <土合わせ>
d0138203_9535026.jpg白土
                       3種類の粘土を荒もみをして混ぜ合わせる
d0138203_954466.jpg
d0138203_1015090.jpg赤土d0138203_1022334.jpg
d0138203_1065120.jpgd0138203_1071598.jpg
d0138203_1092012.jpg

                          <土練り>
少し粘土が硬いので水をつけながら土練機で練るd0138203_10141587.jpg
                        2回目の土練機
d0138203_1015697.jpg
d0138203_10163874.jpgd0138203_10171327.jpg
d0138203_10191133.jpgd0138203_10232267.jpg
[PR]
by utuwa-seisyo | 2008-03-23 10:32 | ひとつの作品が出来るまで | Comments(0)

試作品  その2

<灰粉引>
赤土+白化粧+灰釉、  還元→酸化(本焼2回)d0138203_853657.jpgd0138203_8533452.jpg













これも後一歩だそうです。
ちょっともったりしすぎているので、もう少しシャープにしてからとのこと。
納得!

<青白磁たわみ鉢>   (10.5×10×5.5)
               何の変哲もないうつわだけに、
               料理との相性はバツグンだと思います。
                これからの季節にピッタリですね
d0138203_921526.jpg

これは磁器土です。 青白磁に関しては、これで完了!
でもまだ、白磁と青磁の試験が残っております。
土試験をしながらの釉薬試験。
一体、作者の頭の中はどうなっているのでしょうか?
と顔を覗き見れば、
フフフ、やっぱり目が泳いでる。   
[PR]
by utuwa-seisyo | 2008-03-16 09:14 | ひとつの作品が出来るまで | Comments(2)

試作品 その1

Ⅰ 以前から掲載している窯変釉ですが、赤土を白土に変え、還元焼成のあともう1度酸化で焼成しています。
  d0138203_10525227.jpgd0138203_1053149.jpg













白土+窯変釉、  還元焼成→酸化焼成

Ⅱ 白土に泥しょう土を流しかけた後、窯変釉を施し、還元焼成したものです。
d0138203_11102559.jpgd0138203_11104746.jpg













白土+泥しょう土+窯変釉、  還元焼成

Ⅲ Ⅱと同様で、還元焼成の後酸化焼成しています。d0138203_1117343.jpgd0138203_11172487.jpg













白土+泥しょう土+窯変釉、  還元焼成→酸化焼成

三作とも微妙な釉合いで、
私的にはOKだと思うのですが、作者は
「後もう一歩絞り込んでから完成」と言っております。
なかなか、お厳しい。
[PR]
by utuwa-seisyo | 2008-03-14 11:25 | ひとつの作品が出来るまで | Comments(0)

窯出し

d0138203_1027466.jpg

テストピースが焼きあがりました。
作者が考えていた程ではなかったみたいですが、
2~3種類使えそうなうわぐすりがあるとの事です。
さて、新作にどのように反映されるのでしょうか?楽しみです!

[PR]
by utuwa-seisyo | 2008-02-05 10:33 | ひとつの作品が出来るまで | Comments(0)

只今、焼成中

d0138203_10214721.jpg

d0138203_10221851.jpg

電気窯にガスを送入し、還元焼成しています。
上の写真は焼き上がる直前の炎です。
下の写真は電気窯の電源をOFFにして、冷ましながらガスだけを送入している状態です。
炎の色の変化にお気づきでしょうか?

[PR]
by utuwa-seisyo | 2008-02-03 10:31 | ひとつの作品が出来るまで | Comments(0)

釉薬(うわぐすり)試験

d0138203_941476.jpg

d0138203_9415821.jpg

土試験と平行して、釉薬試験の開始です。
今回は磁器土にも挑戦!
果たして、思惑通りの色が出てくれるかな?

[PR]
by utuwa-seisyo | 2008-02-01 09:46 | ひとつの作品が出来るまで | Comments(0)