ぎゃらりぃ 日月

正祥窯の器に盛り付けされた料理 (その6)

先日の陶器市の時に、銀化の楕円鉢をお買い求めくださったevecookyさん。

蕨(わらび)の白酢あえを盛り付けてブログにupしてくださってます。

実はこの方、「津~遊」さんのお料理教室の先生。

とっても素敵な一品になっておりますので、ぜひご覧になってください。


evecookyさんのブログ・・・「四季日和」
[PR]
by utuwa-seisyo | 2009-05-13 16:20 | 器と料理 | Comments(4)
Commented by masharu1002 at 2009-05-13 21:41
拝見してきましたー
さすがお料理の先生ですね
お料理もですが盛り付けも素敵でしたー
器も生き生きしてきますね!
わたしも頑張りマース
Commented by sannougama at 2009-05-14 01:05 x
始めまして、sannougamaです。 やまだぐらしさんのコメントを見て訪ねてきました。 笠間ひまつりは若い人も多いですが、最近は高齢化?が進んできたような気がします。 毎年何人か若い人が入ってきますが、平均的にはあまり若くはありません。
28年ほど前にたった15人ほどのメンバーで始めたお祭りですが、
その若手陶芸家達も今や60のオジサンです。 来場者数も30万人を超すイベントになりました。
Commented by utuwa-seisyo at 2009-05-14 06:37
ままんさん、おはよう
ねぇ~、やっぱり素人とは何かが違いますよねー。
でもままんさんのも素敵ですよ~♪
Commented by utuwa-seisyo at 2009-05-14 06:56
sannougamaさま
ご丁寧にコメントありがとうございます。
そうなんですか。てっきりお若い方が多いのかと思いました。
元々の作家市も30年ぐらい前に「やけもの市」としてはじまったんです。
説明しだすと長くなりますので細かいことは省きますが、笠間と同様15人ぐらいではじまりました。
だんだん参加人数が増え場所が手狭になり、二手に分かれて何度か移動し、やっと3年前に陶芸の森を借りることができるようになって落ち着いた次第です。
で、名称も変更し「作家市」として再出発しました。
作家市はこれからですね^^