ぎゃらりぃ 日月

正祥もの変遷 vol.9   (独立5年前後のもの・・・トルコブルー+α)

d0138203_752438.jpg
                               <ワインカップ φ7cm×h7.5cm>

               エッグスタンドや前菜の器としても使えそうな、少し小ぶりのワインカップです。


d0138203_783742.jpg
                               <小付 φ10.5cm×h3.5cm>

               小回りのきく重宝な一品です。


赤土に白化粧を施し、酸化焼成しています。
化粧の流れ具合によって地肌が透けて見えたり、乳青白色になっているのがこの器の魅力。
トルコブルーは銅による発色で、還元焼成をすると青が赤系に変わります。




<赤釉刷毛目>
d0138203_7234147.jpg
                               
トルコブルーと同様ですが、焼成は還元です。
この赤釉も中々評判がよかったのですが、今ではもうでない色となってしまいました。

作者の腱鞘炎も完全に治り、いよいよろくろ全開です。
[PR]
by utuwa-seisyo | 2009-02-07 07:32 | 正祥もの | Comments(8)
Commented by zenzen_jyujyu at 2009-02-07 22:57
トルコブルーの爽やかな色が素敵ですね。
この赤釉の色がもう出ないとなるとなおさらひきつけられます。

個展楽しみにしていますね。
Commented by masharu1002 at 2009-02-07 22:59
トルコブルーの器うっとりです。
素敵ですねぇ
小付けの器がたまりません
この青も今はもうでない色になってしまったのでしょうか。涙
本当に素敵ですー
Commented by hiro14496x at 2009-02-08 06:47
形も好きですよ~。
Commented by utuwa-seisyo at 2009-02-08 16:52
jyujyuさん、
元々釉薬で赤や紫を出すのは難しいんですよねー。
で、試行錯誤の中やっと生み出たものが粘土が変わることによってダメになってしまう。
それは辛い事ですけど、相手は土ですから諦めるしかありません。
(でも作者はまだ諦めてない様子ですが・・・)

個展見に来て下さいね~、待ってます^^
Commented by utuwa-seisyo at 2009-02-08 16:56
ままんさん、
上釉は同様なんですが下に掛かっている化粧が違うんです。
トルコブルーの下地の化粧では元々この赤は出ないんです。
ですからトルコブルーは今でも出ますよ^^
ただ正祥の方向性が変わったので、今トルコブルーの器はありません。
でも、またカムバックするかも~。
Commented by utuwa-seisyo at 2009-02-08 16:59
hiroさん、
ワインカップはまだちょっと作りが硬かったのですが、女性に人気がありました。
小付も皿も少し高台が高いような気がしますが、私も好きな形です^^
Commented by hana-ktm2 at 2009-02-08 19:20
ほんと きれいなブルー!!
作家さんが色合いにかける苦労って大変なものですね
だから人をひきつけるんでしょうね。
うっとりです。
Commented by utuwa-seisyo at 2009-02-09 08:04
hanaさん、
そうなんですよ~、大変なんです。
とくに正祥は釉薬にこだわっていますからね。
今もいろいろと試験中です^^