ぎゃらりぃ 日月

正祥もの変遷 vol.8 (独立当初のもの・・・刷毛目)

d0138203_16352261.jpg


d0138203_16353836.jpg
                               <大皿 φ30cm×h5.5cm>

d0138203_16382156.jpg
                               <小皿 φ6cm×h2.5cm>

化粧を刷毛で塗ったわけではないので、刷毛目といっていいのかわかりませんが、筆で釉を塗っています。
白土でつくり還元焼成してありますが、これをさらに酸化焼成すると、↓紅彩(赤刷毛目)になります。

d0138203_1642239.jpg


この頃は独立して3年ぐらいでしょうか。
紅彩が好評で、やっと食べれるようになりました。
(今はどうか知りませんが、昔は独立して3年は食えないと言われていました。)
なのに白土の成分が変わってしまったのか、紅彩の色が出なくなってしまうんです。
そこで仕方が無いので白土での器作りはストップとなり、このあと全面的に赤土での制作がはじまります。
[PR]
by utuwa-seisyo | 2009-02-03 16:54 | 正祥もの | Comments(6)
Commented by hiro14496x at 2009-02-03 17:14
お~ステキです。 セット物でしょうかね。
Commented by utuwa-seisyo at 2009-02-03 20:50
セット物というわけではありませんが、一緒に写してみました。
紅彩の手前の大皿はたまに使っていますので何となくしっとり感がありますが、
置くの取り皿は未使用なのでちょっと浮いた感じがしますね。
Commented by masharu1002 at 2009-02-04 00:34
この器、以前にもアップされてましたでしょうか??>勘違いでしたらすみませんっ
とっても素敵ですーっ
大皿迫力満点ですねっ
Commented by Mika at 2009-02-04 09:35 x
おっ!このシリーズ!藤本さんの陶房でご馳走が乗って出てきます!すっごく似合うんです~。あの陶房のテーブルのかんじと、Mさんのご馳走が~~~~
そして、確か、正祥さまを訪ねたとき、この器のことを聞いたら、今はつくれん、とおっしゃったような。幻の作品ですねぇー
Commented by utuwa-seisyo at 2009-02-04 16:24
ままんさん、さすがじっくり見ていただいているだけによく覚えていらっしゃいますね。
ありがとうございます^^
紅彩の方は、クリスマス・お正月企画の時にこの写真をupしています。
で、紅彩の取り皿の方はブログ開設当初にもupしているので3度目になります。
その時は、もう出ない色なので試験中という記事でした。
今回は還元との比較ということでupした次第です。
この時のつくり、結構ダイナミックで色目も私好みでとても気に入っていたのですが・・・
残念です^^;
Commented by utuwa-seisyo at 2009-02-04 16:27
Mikaさん、
そうそうお料理上手のMさん、ごひいきにしていただいております。
そうなんですよ~、幻の名品なんです^^
あれこれ試験してみたんですけどね、力およばずでした(-_-;