ぎゃらりぃ 日月

クリスマス、お正月にこんな器はいかがでしょうか?!   (vol.5)

d0138203_724877.jpg
d0138203_7242465.jpg
                金彩高足長皿 27cm×9cm×6cm

金彩が続きます。
この右下の写真ですが、たまたま図書館で借りていた
『家庭画報 10月号』に載っていました。
大阪の某料理屋さんですが、
金彩のところを少しだけ見せて粋な使い方をされています。


d0138203_7301493.jpg
                焼〆金彩長皿 35cm×14cm×3.5cm

ローストビーフやミートローフに合いそうな長皿です。
カニの甲羅グラタンもいいですね。
オードブルや手まり寿司、プチケーキなどなどを
金彩が見え隠れするようにして盛り付ければ、オシャレです。

焼〆輪花長皿焼〆緋襷変形長皿掛け分け長皿


前回UPしました焼〆長角皿を
「津~遊」さんがとても素敵な使い方をされていますので、是非ご覧になってください。

[PR]
by utuwa-seisyo | 2008-12-03 07:40 | 正祥もの | Comments(2)
Commented by zenzen_jyujyu at 2008-12-04 10:44
とても存在感がありますので、ちょこっと盛りで十分お料理が映えますね。
素敵な器に出会う度に、つくづく「料理を習いたいなぁ~」と思います。
Commented by utuwa-seisyo at 2008-12-05 08:04
jyujyuさん、おはようございます。
私もおつまみぐらいならなんとかなるんですが、、、。
子供がまだ小さい頃、
「お母さん、晩御飯のおかずになるようなもんないや~ん」
って、言われたものでした^^;