ぎゃらりぃ 日月

田口ランディ・通崎睦美ジョイント朗読会 in 法然院 「転生」   <part 2>    

予定より少し遅れて信楽を16時15分に出発、比叡山越えでいざ京都へ!
途中エネルギー補給のため、比叡山山中のコンビニでカレーまんとビール1缶を購入。
娘に悪いわねぇ~、と言いながらとりあえず一口。
うーん、おいしい、こたえられませ~ん。

ほぼ渋滞に巻き込まれることもなく、京都に入ったのが18時前。
市営駐車場に入りそびれたので、銀閣寺すぐそばの観光駐車場へ車を止めました。
そこはなんと!有料は17時まで。ホホホ、ということはタダ。やったね!!
夕方以降この近辺にこられる方は、ぜひご利用を。
d0138203_9234583.jpg
開演までまだ間があったので、カフェでお茶をすることに。
ジャズが流れるテラスでエスプレッソを頂くと、気分はアメリカかヨーロッパ!
でもこれからいく所はお寺です。

(カフェの写真の生き残りはこれ1枚。
 フラッシュをたかずに暗い所で撮るのは実に難しい。)


d0138203_9373019.jpg18時半になったので、いざ法然院へ。
明るければ山門・白砂壇・庭園撮れるのになぁー、と思いつつ
凛とした空気の漂う境内を少し息を切らしながら歩きました。


本堂に入ると、なんと椅子席が!
前半分は座布団、後半分が椅子。
どちらにすべきか迷ったが、やはりここは椅子席を・・・。


待つこと30分。
19時を過ぎた頃、ランディさんと通崎さんのご登場!
奇しくもこの日(10/3)は、ランディさんの49回目のお誕生日。
本尊阿弥陀如来坐像をバックにして嬉しげに語るランディさんに、
皆の「おめでとう」の言葉と拍手が・・・。


その時どこからともなく、お香ではなく蚊取り線香のにおいが。
ゲッ!やばい。私、咳き込むんですよ。
こんな静かな所で咳をする訳にはいかないと思った瞬間、パニックに!
あー、身体が熱い、どうしよう~。汗が、、、、、、

d0138203_9553549.jpgでもエライもんですね。
通崎さんのマリンバが始まると気持ちはそちらの方に集中し始め、
パニックも小康状態に、、、。さすがプロです。
マリンバの生演奏初めての経験。
びっくりしました、片方の手にマレット(ばち)を2本持つんですね。知らなかった。
前奏の曲目は野田雅巳「薄明」~「月下の夢」組曲。
これまた音楽に疎い私は全く分からなかったのですが、
公演終了後に頂いた用紙にそう書かれていました。

そうこうするうちにランディさんの語りが始まりました。
まぁ、内容は「転生」を読んで頂くとして、この方もさすがプロです。
目を瞑って聴いていると情景が映像として浮かんでくるんです。
10代の頃アングラの劇団に所属していたランディさんですから、
当たり前と言えば当たり前なのかも知れませんが・・・。

途中通崎さんの間奏があり、朗読中にもバックで小さな音がたまに流れていました。
後で聞いたのですが、通崎さんはこの気持ちの悪い救いようがないお話を
音で落とすか救うか迷われたそうです。(これはあくまでも御本人の言葉ですからね)
私としては話の筋にとても合った演奏だなぁーと聞き惚れてました。
最終的に救ったのではないかと思います。

無事咳も出ず、多少息苦しいぐらいで済んだ40分間のコラボ。
この息苦しさがもしなかったら、
不思議な世界に誘われたままになっていたかも・・・。

さてこの後「交流会」がはじまるのですが、それは次回ということで!
[PR]
by utuwa-seisyo | 2008-10-05 10:22 | 行ってきました 見てきました | Comments(0)