ぎゃらりぃ 日月

お気に入りMyご飯茶碗

d0138203_16561816.jpg

                 7年程前に少しだけ手がけたろくろ。
                 その時につくったご飯茶碗です。
                 テーブルに置いた瞬間、
                 鈍い音がするようになりました。
                 割れてしまう前の記念の一枚です。

飯碗、箸置・・・自作
煤竹箸・・・ 作
       ↑ をクリックして頂ければ、お箸作りの工程がご覧になれます。
[PR]
by utuwa-seisyo | 2008-08-22 17:06 | 自作 | Comments(4)
Commented by zenzen_jyujyu at 2008-08-22 21:21
ずーと使っておられるのでしょうか?
とても渋い色になっていますね。
自作の器でなんて・・私にはとても真似できないことなので、羨ましい限りです。
これから秋の味覚に合わせて、ご飯茶碗の需要が多いかもしれませんね。
Commented by mikasselection at 2008-08-23 07:56
自作、ということは、これは、ご主人の作ではなく、奥様の?!いい色ですね~。ぴかぴかの新米を入れたら、どんなに綺麗でしょう!
細めのお箸も丹精なかんじで、目を引きますよ。勿論、お箸置きも。この一揃え、すごく好きかも~!めちゃすてき!
やっぱり。ほら、富田家の食卓、、、益々のぞきたくなりましたよ!
Commented by utuwa-seisyo at 2008-08-23 12:41
zenzen-jyujyuさん、はい、ずーっと使っています。
元々渋い色合いなんですが、確かに渋みが増しましたねー。
陶器は使い込めば込むほど、味わい深くなってきます。
生むのは作り手、育てるのは使い手なんですよね!
Commented by utuwa-seisyo at 2008-08-23 12:52
Mikaさん、いい色でしょ! でも粘土が変わったので残念ながらもう出ないんですよ(ーー;)
それにお箸、素敵でしょ! 煤竹箸は少し値は張りますが、Mikaさんのショップでも取り扱われてみたらいかがでしょうか?
富田家の食卓?
そんな病院食のような代物を世間様にお見せする訳には参りません。こんなこと書くと「その病院食が見てみたい~」なんていうんでしょ。ダメです。ご飯作ったらそれだけで精一杯、写真撮るエネルギーなんて残ってませんですー(@_@;)