ぎゃらりぃ 日月

 ろくろ編好評につき、今回はタタラ編(その1)

d0138203_8561271.jpg
<灰釉切立三つ足4寸鉢の制作過程>
d0138203_8592054.jpg
粘土を叩きながら広げていき、タタラ板を両サイドに置いて、ピアノ線で切っていく。

d0138203_924297.jpg
板状になった粘土を手ろくろの板の上に乗せ、外枠の型に沿って切り抜く。

d0138203_945871.jpg
縁を軽く叩いて締め、内枠の型を当てて切立になる部分を切り抜いていく。

d0138203_975590.jpg
切り抜いた部分を別の板の上へ置く。

d0138203_914159.jpg
底にカーブをつけるため、石膏型の上で粘土を軽く叩き、縁にのた(泥状の粘土)をつける。

d0138203_9171991.jpg
切り抜いておいた切立の部分を回しながらのせていく。

d0138203_9191025.jpg
d0138203_9192978.jpg
つなぎ目にもしっかりのたを付ける。

d0138203_9214360.jpg
側面をきれいにして、少しづつつまむようにして粘土を締めていく。

d0138203_9231893.jpg
サイドのつなぎ目も木ベラでしっかりおさえ、濡らした筆を使ってきれいにする。

足付けは次回です。
[PR]
by utuwa-seisyo | 2008-06-08 09:27 | ひとつの作品が出来るまで | Comments(0)