ぎゃらりぃ 日月

川越 紀宏さんの巻    <紫雲窯>

d0138203_9551321.jpg川越さんの工房は入ってすぐが窯場で、その奥に作業場があります。

「紫雲窯」の看板は何故か作業場に入る高い所に掛けてあり、

ちょっと不思議な感じがします。

調度刷毛目塗りをしていらっしゃったので、

これ幸いと撮らさせていただきました。

d0138203_103611.jpgd0138203_1033689.jpgd0138203_104194.jpgd0138203_104216.jpg
手ろくろの上にお湯飲みを乗せ、人さし指一本でポンポンと二回ほど高台をたたくと芯が合い、

さぁーっと、刷毛で化粧を塗ります。

手馴れた作業を見るのは、なかなか心地よいものです。

d0138203_10113471.jpgd0138203_10115762.jpgお茶を頂きながら仕事場を見渡すと

大事な化粧のテストピースや釉薬の棚があり、

壁には子供たち三人の描いた絵が飾られていました。


d0138203_10195326.jpgd0138203_10203347.jpg川越さんは大学三年の時

自分はサラリーマンには向いていないことを確信し、学校を中退。

一人で出来る仕事は何かを考え、たどり着いたのが陶器の世界でした。


d0138203_10245495.jpg以来30年陶器作りに励む彼は、この仕事を自分の天職だと言い切ります。

仕事が楽しくて仕方がないらしく、夕食を食べた後も眠くなるまで仕事場で仕事を肴にお酒を飲ん

でいるとの事。


d0138203_10385857.jpgd0138203_10392254.jpgd0138203_10394574.jpg

d0138203_10403071.jpgd0138203_10405089.jpgd0138203_10412313.jpg
軽くて使いやすい日常食器。

飄々とした川越さんが造る食器には気負った所は全くなく、安心感に包まれます。

d0138203_1045258.jpg

私は日本の伝統である手仕事の中で、”やきもの”ほど、楽しくて夢のあるものはないと思っております。
このたびは、粉引手、刷毛目、三島手とか、独自の灰釉を用いて、私なりに心からの”思い”をこめて製作いたしました。
この一つ一つの器が、見て頂いて楽しく、使って頂いて、皆様の生活の中でいろどりとして、より豊かに、しかもうるおいのあるムードを味わっていただけるのを、作者としてはこの上もない”よろこび”であると、心から念願いたしております。

紫雲窯    川越 紀宏
         滋賀県甲賀市信楽町江田
         電話/FAX  (0748)82-1894

略歴     昭和三十三年北海道に生まれる。
        信楽にて加藤整治、加藤文平氏に師事する。
        平成四年信楽にて紫雲窯を開く。

*小売りはいたしておりません。

     
[PR]
by utuwa-seisyo | 2008-04-27 11:05 | 御近所陶芸家探訪 | Comments(1)
Commented at 2011-12-19 20:31 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。