ぎゃらりぃ 日月

カーテンと掛け花入れ

d0138203_15524356.jpg

気になっていたサッシの窓とキッチンの仕切りにようやくカーテンが取りつけられました。
染物関係に従事している友人に「なかなか気に入るものが無くて」と話を持ちかけましたところ、
「これなら合うかもー」と持ってきて下さったのがこの素敵な大判のショールです。

d0138203_15571993.jpg

これなら透かしも入っているので威圧感が無く申し分がありません。というよりも勿体ないぐらいです。
ショールは、暖簾用の棒を2本組み合わせたものにフックを掛け、留めて吊るしてあるだけ。
この方法なら今後また別の使い方が出来ますから後ろめたさが半減します。
○○○さん、有難うございました♪

d0138203_169982.jpg

手前の掛け花入れは森利光さんの遺品作です。
先日、森さんのお師匠さんである荒木義隆さんが拙工房まで届けに来て下さいました。
「女性だから花入れがいいかな?!と思って」
「・・・」(あー、作者ではなく私に持ってきて下さったんだ)
私が森さんを敬愛していたことをどこかで耳にされたのでしょうか。
足がお悪いのに直々に来て下さるだなんて・・・荒木さんのお心遣いに思わず涙がこぼれそうになりました。
何十年ぶりかでお会いしましたが、相変わらずお洒落でエンジの靴がよくお似合いでした。
御礼状も出さず失礼したままで恐縮しております。相も変わらずのご無礼お許しください。
[PR]
by utuwa-seisyo | 2014-04-11 16:28 | 日月(ひづき)時間 | Comments(2)
Commented by 苔玉師匠 at 2014-04-13 00:03 x
 掛け花いれ良いですね。
こんなの見ると自分で焼いた器に植えこみたいと思います。
Commented by utuwa-seisyo at 2014-04-14 10:25
師匠、お久しぶりです。
素敵な掛け花入れを形見分けしていただいて感激しています。
でも活けるのが難しくて・・・花を選ぶ花器とでもいいましょうか。。。
師匠のつくった花入れと花の植え込み、
完成したらぜひぜひブログアップして下さいねー。
楽しみにしてます^^