ぎゃらりぃ 日月

ややこしい作者の釉薬  ( 窯変バージョン )

お馴染みの窯変釉ですが、実は4パターンあること。。。ご存じだったでしょうか?!

d0138203_13334826.jpg
d0138203_133476.jpg

赤系(上段)と青系(下段)があり、さらに本焼が一度と二度のものがあります。
画面、向かって左が一度焼成で右が二度焼成の器です。

赤系は器が異なりますので少し比較しにくいかもしれませんね。
青系の二度焼成の写真、黙ってMika'sのHPから拝借してきました^^; (訴えられたらどうしよう・・・)

どちらも本焼一度ではザラツキが残っておりますが、二度焼成した方はツルッ!サラァ~となっています。
個人的に私は一度焼成の質感が好きですけど、ご注文は二度焼成の方が多いかな?

さて色の違いですけれど、これはモミガラ灰の掛かり具合に因るもの。青系の方が少しだけ厚くなっています。
わざと厚くかけたのではなく、水分比重は同じでも季節(気温・湿度)によって灰の状態が変わるんです。
作者もその辺ところ考慮はしているものの、なかなか思うように参りません。
それで窯変だけで4パターンとなってしまいました。

また次回ご説明いたしますが、これに紫窯変や窯変銀化が加わり、銀化もあってややこしくてなりませぬー。



                                                      正祥窯うつわ展」・・・展示室のうつわ掲載中
[PR]
by utuwa-seisyo | 2013-07-18 14:30 | 正祥もの | Comments(2)
Commented at 2013-07-18 20:43
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by utuwa-seisyo at 2013-07-18 21:45
鍵コメ様、
ホントお久しぶりです~!
昨日ブログアップされているのを見て、嬉しくって2回も3回も覗いちゃいましたー^^
コメント書こうかと悩みましたが、せっかくヒッソリ再開されたのだから静観いたした次第です。
イヤ、もう本当に待ちに待ってたんですから~♪
長く生きれば生きるほど色々なことに遭遇致しますが、これからも宜しくお願いしますね。
そして信楽に来られた際はぜひぜひお立ち寄り下さいませ!