ぎゃらりぃ 日月

信楽まちなか芸術祭 vol.6   <黒壁国技館 狸相撲 信楽場所> <寝釈迦と添い寝>

d0138203_839266.jpg

<黒壁国技館>です。
たまたまスタッフの方が知り合いでしたので、その方と狸相撲してきました~。
ダンボールで出来た土俵を叩いて相手狸力士を倒すのですが、なかなか決着がつきません。
チラッと横を見ると観光客の方が3人ばかり観戦、俄然奮い立った私は稀勢の里のごとく一気に叩きまくり、
みごと勝利を収め(怖ろしや~)、こんなもの ↓ をいただきました。




d0138203_8543253.jpg

ホントに人目もはばからず真剣に取り組みましたよ。
結構ハードでしたが、いいストレス解消になりました。
それにしてもこんな事するだなんて以前の私には考えられないことです。
バカバカしくてやってられないわ~とか、人前で恥ずかしくて・・・なんて思ったに違いないのです。
やっぱり丸又の登り窯で解き放たれたからでしょうか?!
それとも単なるオバハン現象か。。。



意気揚々で今度は<まるの広場>へ。
ここでは寝仏(寝釈迦)が見られるとのことでしたが、どこにもその姿は見当たりません。

d0138203_933686.jpg

「その位置では分かりませんよ、もっとこちらへ。」と案内してくださったのが、
長女が保育園の年中組の時お世話になった○○○先生でした。
「かれこれ25年も経つのに変わりませんねー」(95%本心です)なんて言葉を交わし、
寝釈迦が見えるという場所へ。

d0138203_991640.jpg

分かります? 山、山が寝釈迦なんです。
画像向かって右が釈迦の頭、真ん中がお腹、左が足、ということです。
まあそう言われてみれば見えなくもないですが・・・なんかこじつけっぽいですよね。

ここには金色(?)のベッドが置いてあり、そこで横になると調度寝仏と添い寝する形になるとのこと。
添い寝はちょっと遠慮して、寝仏を見ながら茶菓子をいただき、しばしおしゃべりタイム。
なんともほっこりしたひとときを過ごすことができました。

                                                          「正祥窯うつわ展」・・・個展の器掲載中!
[PR]
by utuwa-seisyo | 2010-11-18 09:38 | 行ってきました 見てきました | Comments(0)