ぎゃらりぃ 日月

窯と作者、その後。。。

還元はかかるようになったもののまだちょっと不安定な窯。
年が明け微妙に吹き出し口の穴の大きさを調整しながらの窯焚きは、回を重ねるごとに少しづつよくなってきています。
今月中にはなんとか遅れを取り戻そうと、お正月休みを返上して頑張った作者。
その努力もあと少しで報われそうです。

夏からお待ちいただいているOさん、急かすこともなく文句を仰ることもなく、ありがたかったです。
お正月にお使いになる心づもりでいらしたでしょうに、申し訳ありません。
もうまもなくお手元にお届けすることが出来そうです。

それにしても一体何をしているのやら情けなくなります。
窯の不調で同じものを作り直すという日々からはやっと解放されましたがその損失は大きく、
作者の心身と我家の家計にかなりな影響をもたらしました。
失敗がなければ注文に追われることもないのですが、仮に窯の不調がないとしても
微妙な色合いのところで窯焚きをしていますから失敗は付き物です。

いったいいつになったらあくせくすることなくゆったりとした気分で器づくりが出来るのでしょうか・・・
まぁここは少し休息し、気を取り直してから心機一転あわてずさわがず頑張るしかなさそうです。
と言ってもこれはあくまでも私の気持ちであって、作者の心はもう先にいってます。
ホント仕事バカですから。。。
というか、もうこの仕事が好きで好きでたまらないのです。
きびしくて大変なのですが、どうやらそれがまたエネルギーになる様子です。

そんな作者の仕事ぶりをそばで見ていると、
ちょっと時間が空いたからといって生半可な気持ちで土に触ることがますます出来なくなってきました。
(この頃つくりをしていない私の単なる言い訳にすぎませんが・・・)

                                                   「正祥窯うつわ展」・・・07新作<セレクト>の器掲載中!
[PR]
by utuwa-seisyo | 2010-01-19 07:38 | ひとつの作品が出来るまで | Comments(6)
Commented by akaiao at 2010-01-19 20:46 x
こんばんは^^。このブログを通じて窯元さんのご苦労を垣間見ることができたのは私にとって大変勉強になりました。多くの方に正祥さんの器が支持されるのも御主人の仕事に対する姿勢が伝わっているからでなんでしょうね。同じ男としてかっこええ生き方やなぁと思います。私も器に負けないよう精進していきたいと思います。
Commented by spank at 2010-01-19 23:08 x
この一文を読んでいて身につまされる思いですね。
僕も炭化の方は半分博打みたいなもんですから。

それでも思ったより良い色が出た時は、凄く幸せな気分ですよね。
心労が吹っ飛びます。

友達の女の子も出産を軌に会社を辞めて旦那の仕事を手伝ってますが、同じ事を言ってましたよ。

やっぱり旦那にとっての神聖な場所では、なかなか作り辛そうです。
Commented by utuwa-seisyo at 2010-01-20 13:37
akaiaoさん、お久しぶりです^^

好きなことを仕事にした以上、苦労するのは当たり前だと私は思っています。
ただ何があってもめげないで前向きな正祥には感心するばかり。
落ち込んでも1日あれば立ち直っていますからね^^
きっと単純なんですよ(笑)

かっこええ生き方ですか。。。
傍も結構大変なんですけど、こうなったら最後まで是非とも貫いて欲しいものです。
akaiaoさんも頑張ってくださいね^^
Commented by utuwa-seisyo at 2010-01-20 13:49
堂本さん、
いずこも大変ですね^^;
仰るとおり、いいものが焼けた時の喜びがあるからやっていけるのだと思います。
それと楽しみに待っていてくださる使い手さんがいることが、励みになっていますよね。

元々そんなに作っている訳ではありませんが、
やはり同じ空間ではなかなか手が出ませんね。
以前作っていた器の注文であれば出来るのですが、新たなものになると・・・^^;
正祥も随分元気になってきましたし、窯も順調になれば助手の仕事も少しは減ると思んですよ。
ですから自分の仕事場をどこかに確保しなければなあ、と考えている最中です。
Commented by hiro14496x at 2010-01-21 08:59
作家さん!!! がんばっていらっしゃいますね。
窯さんもがんばれ~




Commented by utuwa-seisyo at 2010-01-22 07:34
hiroさん、
はい、正祥も窯もついでに私もがんばってますよ~。
山あり谷あり、ケセラセラですね^^