ぎゃらりぃ 日月

正祥窯の器に盛り付けされた料理 (京都府亀岡市 和ママさんの巻・・・その3)

昨日(11/23)渋滞する道を避け、遠回りをされて信楽まで来てくださった和ママさんご夫婦。
さっそくお買い上げしていただいた器で一品盛り付けして下さいました。

d0138203_16134763.jpg
                        豆腐ステーキ・・・「白髪葱とかつを節をのせて」

大きめの器にこんもりと盛り付けられた豆腐ステーキ。
なんでもないおかずですが、品のよさを感じます。
器は窯変金彩八角皿です。
薄っすらと円にそって三分の一ほど金線が入っています。


こちらは以前ご購入頂いた銀化7寸リム鉢です。

d0138203_16142094.jpg
            小芋まんじゅう・・・「小芋の中には少量の酒でからいりしたえびとぎんなんを入れています。
                       片栗粉をまぶして油で揚げあんかけにし、わさびで食べました。」

もっちりとして美味しそう。色合いもキレイです。
ひと手間かかったお料理ですね。


和ママさんからのメッセージ
「この頃夫婦二人の食卓は本当にシニアメニューで、器が一番のごちそうです。
器のおかげで安い食材と少量のお料理ですが、美味しくいただいております。」

なんとも作り手冥利に尽きるお言葉。
皆様のこうした言葉に作者も励まされ、今まで以上にいい物を作ろうと頑張れるのでしょう。
ありがたいことです。
                                                            
                                                            「正祥窯うつわ展」・・・新作掲載中!
[PR]
by utuwa-seisyo | 2009-11-24 16:33 | 器と料理 | Comments(0)