ぎゃらりぃ 日月

窯の状況報告です。。。その2

昨晩、日曜日にもかかわらず森田さんに来ていただき、
泣く泣くおNewの蓋に穴を4ヶ所開けてもらいました。

d0138203_15515848.jpg
白い突起が穴の開いているところです。

あまり御存知ないと思いますが、
その昔電気窯の蓋は板状のもの(軽い耐火レンガ?)を3~4枚上乗せしているだけでした。
ですから、どんなにピッタリ閉めても多少の隙間はできるんです。
・・・でその頃の電気窯では、還元がかからないということは皆無だったと森田さんは仰います。
ということは理屈で言えば、蓋に穴を開けることは理にかなっているということになる訳です。

と、ここでまた問題がでてきたのが4ヶ所全部の穴を開けて焼成するのかそれとも2ヶ所にするかということ。
2ヶ所であればどこに・・・
森田さんは還元口に近い方の2ヶ所を、作者は奥の2ヶ所をそれぞれ主張していました。
私はせっかく4ヶ所あるんだから全部開けたらいいやんと能天気なことを思ってましたが・・・

今朝還元の火を入れるまで迷っていた作者は、
結局森田さんの仰る方を選び、奥の穴は閉じることにしました。
石綿を丸めて入れてもよかったのですが、あとの事を考えて焼成されたころ土を乗せただけです。
(軽いものでないといけないらしいです。なんか笑えますが・・・)

d0138203_16102578.jpg
画像は還元に入って1時間ぐらいの炎ですから、まあまあといったところでしょうか。

でも作者はソワソワと落ち着きがなく、蓋を取ったり置いたり・・・
当然かな~と思いつつそんなことをしていたら後で困るんじゃないの~と思い、
「チョロチョロせんと、後は運を天に任せてデ~ンとしてたらええやん」
一瞬作者の目は点になりましたが、
「そうやなあ」と言いながら少し落ち着きを取り戻した様子で仕事に取り掛かりました。

窯出しは明日の夕方です。
結果は神のみぞ知る!ですね。
                                                         
                                                        「正祥窯うつわ展」・・・07未公開の器掲載中!
[PR]
by utuwa-seisyo | 2009-11-16 16:24 | ひとつの作品が出来るまで | Comments(6)
Commented at 2009-11-16 20:40
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by spank at 2009-11-16 20:46 x
家の窯には(マルニ)天板の上に二箇所穴が開いていますよ。
酸化の場合には栓をする仕組みになってます。

逆に還元かけるときはその上だけ空ける感じです。

メーカーによって色々かもしれませんね。
Commented by utuwa-seisyo at 2009-11-16 21:44
鍵コメさま
ご丁寧に連絡ありがとうございます。
仰るとおり只今取り込み中ですので、調度よかったです^^
明後日楽しみにしていますね。
Commented by utuwa-seisyo at 2009-11-16 21:48
堂本さん、
え~~~、そうなんですか?
うちは森田さんの手作りの窯ですから・・・
で、でどこに開いてるんです?還元口の方でしょうか、それとも奥でしょうか?
Commented at 2009-11-17 15:41
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by utuwa-seisyo at 2009-11-17 20:06
鍵コメさま、
なかなか憎いことをされますね。
カッコイイ~^^
お心遣い嬉しかったです。
ありがとうございました。